ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

ディスコ

2015.04.04

第105話 ディスコ

「ディスコ」が生まれたのはナチス占領下のパリだった
第105話 ディスコ
いかん! いかんなー。どうやらシンイチのヤツ、告白がうまくいかなかったらしく、先々週からずっと落ち込んだままだ。このままではガレージの空気がどうにも辛気くさいし、この国の少子化がまた少し進んでしまう。ここはひとつ、日本が肉食系だった時代を象徴する遊び《ディスコ》で、シンイチを元気づけてやるか!

そもそも人類は文明の発祥以前から、宗教的な儀式や伝統文化、芸術、娯楽など、様々な形で踊り続けてきた。バレエに仮面舞踏会、フォークダンス、盆踊り、阿波踊り、最近ならヒップホップやハウス、それからオタ芸とかサイリウムダンスなんてものも流行ってるな。そんな踊りを愉しむ場所として20世紀の後半に圧倒的な人気を誇ったのがディスコだ。

ディスコが誕生したのは第二次世界大戦中のパリ。ナチスドイツの占領下におかれたパリではバンドの演奏が禁じられてしまい、それまでバンドの生演奏でダンスを愉しんでいたパリの人々はレコードを持ち寄って、こっそりとレコードの音楽で踊った。そんなお店が「ディスコテーク」と呼ばれたんだ。「ディスコ(レコード)」の「テーク(集積場)」という意味だな。

そして1960年代の半ば、ディスコはニューヨークで再発明される。当時のアメリカでは法律で同性愛が禁じられていたので、ナチス占領下のパリの人々と同じように、ゲイの人々がひそかに集う社交場としてディスコが人気を博すんだ。DJのテリー・ノエルがレコードをかけるターンテーブルを2台並べて、曲を切れ目なく流す手法を編み出したのもこの時代だ。そのおかげで1970年代に入るとディスコは広く普及し、あらゆる人種や階層の人々が集まるようになっていった。

そんなディスコが日本にも上陸したのは1971年。六本木通り沿いにオープンした『メビウス』が日本のディスコ第1号だ。そして1978年には映画『サタデー・ナイト・フィーバー』が公開され、日本にディスコブームが到来する。六本木のスクエアビルなんて、地下2階から地上10階までの全12フロアの内、1階と4階を除くすべてのフロアがディスコになったほどだったんだぞ。

さて、ガレージの天井にミラーボールは付けたし、以前にピートが使っていた機材を流用してDJブースも作ったし、ビールケースを裏返したお立ち台も作ったし、準備は万端だ。いやー、宇宙人の技術を使わなくても意外と何とかなるもんだな。それじゃ今日はディスコが大好きな方々を招いて、思いっきり盛り上がっていこう! Here we go!
ONAIR LIST
10'46" / Ai No Corrida / Quincy Jones
13'50" / YMCA / Village People
35'35" / Can't Take My Eyes Off You / Boys Town Gang
41'43" / Through The Fire / Chaka Khan
45'42" / You Make Me Feel Brand New / The Stylistics
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄