ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : 旅・観光

噴水

2015.06.20

第115話 噴水

日本最古の「噴水」は今でも現役!
第115話 噴水
シンイチ、いつも俺がかけてるドライブソング『ルート66』は知ってるよな。あれはアメリカの東西を結ぶ国道「ルート66」をモチーフにした曲だが、その起点がどこか知っているか? それはな、シカゴのグラント・パーク前の何の変哲もない交差点だ。国道としてのルート66は1985年に廃線となったが、今でもその交差点には「ROUTE 66 BEGIN」という標識が立っている。

ルート66がアメリカ史で果たした役割の話は別の機会に譲るとして、今日の注目はグラント・パークの方だ。この公園は2008年に黒人初の大統領となったオバマが大統領選の勝利宣言を行った公園としても知られている……が、それも正直どうでもいい。重要なのはグラント・パーク内にある水量と美しさで有名な「バッキンガム噴水」だ。つまり今週は《噴水》の魅力と歴史を探求するぞ!

古いところでは古代メソポタミア文明の遺跡にも噴水の跡は残っている。それくらい大昔から人類は噴水に親しんできた。古代ローマの闘技場、コロッセウムのすぐ脇にも「メタ・スダンス」という噴水が造られていたな。これは「汗をかく標識」という意味で、戦いを終えた剣闘士たちが体を洗うのに利用していたんだ。現代の噴水から考えるとずいぶん血なまぐさい話だが、命がけで戦った剣闘士が生きて再びその噴水を見るのはさぞかし感慨深かったことだろう。

17世紀末のフランスで造られた噴水が、今も名高いヴェルサイユ宮殿の噴水庭園だ。ルイ14世が造ったこの噴水は10kmも離れたセーヌ川からわざわざ水を引いたとてつもない大事業。その労力はヴェルサイユ宮殿そのものを造るよりも大変だったくらいだ。ただ、頑張って水路と噴水を造ってみたものの、さすがに当時は水量が足りなくて、噴水から水が出ていたのは王様が通るときだけだったが。

日本で最初の噴水が造られたのは江戸時代末期の1861年、金沢の兼六園だ。加賀藩12代目藩主・前田斉泰が作らせた日本最古の噴水は、もともとは金沢城内の二ノ丸に水を引くために試作したものだったらしい。噴水のある池よりも高いところにある霞ヶ池から水を引っ張ることで高さ3.5mという見事な噴水を実現しているが、なんとこの噴水は現在でも現役だぞ。

映画『オーシャンズ11』のラストシーンに登場するラスベガスの噴水も見事だし、サウジアラビアの「ファハド王の噴水」はジェット機のエンジンを利用して高さ260mまで噴き上げる。国内なら「はままつフルーツパーク時之栖」や札幌「モエレ沼公園」の噴水ショーが人気だ。そんな各地の様々な噴水について、今日は詳しい人に教えてもらうとしよう。Here we go!
ONAIR LIST
2'38" / Route 66 / George Maharis
12'32" / City Livin' / G.Love & Special Sauce
33'40" / Good People / Jack Johnson
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄