ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : ドライブ

オートキャンプ

2015.08.22

第124話 オートキャンプ

「オートキャンプ」の歴史とコツをお教えします
ポッドキャストを聴く
第124話 オートキャンプ
なんだ、シンイチ。こないだ静岡県の朝霧高原で開催された『スターキャンプ』に自慢のアウトランダーPHEVで意気揚々と出かけていったわりには元気がないな。あー、そうか。初心者がいきなりキャンプで愉しむっていうのも難しいよな。まあ、そういう苦労を経ていろいろできるようになるのが愉しいんじゃないか。それなら今日は「オートキャンプ」のいろはをお前に教えてやろう!

オートキャンプってようするに「車で行くキャンプ」だろ? じゃあその発祥は車が発明された後……かというと、そんなことはない。自動車は馬車の動力「馬」を「機械」に置き換えたものだからな(その経緯から今でも馬力という単位が使われている)。古くは馬やラクダに荷車を引かせてシルクロードをはるばる旅した交易商たちだって、一種のオートキャンプをしていたんだ。

ただ、どこか遠くへ出かけて野営することを、仕事ではなくレジャーとして愉しむようになったのは、19世紀のイギリスが最初だった。その先駆者というべき人物が医師で作家のゴードン・ステーブルズという男だ。ステーブルズは馬車の荷台を改良して、椅子や机を配置した動く邸宅「ワンダラー」を開発。それに乗ってイギリス中を旅したんだ。このワンダラー号はイギリスのブリストル市立博物館に今でも保管されているぞ。

その後、19世紀後半に自動車が発明され、20世紀に入ると一般庶民にも自動車が爆発的に普及していく。その中で自動車大国として台頭してきたのがアメリカだ。第一次世界大戦が終わる頃には、都市部に住むアメリカ人は週末にマイカーにテントを積んで郊外にキャンプに出かけるようになる。産業革命後のイギリスもそうだったが、経済的に発展して都市化が進むとアウトドアがブームになるのは人類の面白い傾向だな。

日本でも高度成長期のマイカーブームとともにオートキャンプが盛んに行われるようになった。1969年にはオートキャンプの普及を目的に、旧運輸省によって「日本オートキャンプ協会」が設立されている。そして空前のオートキャンプ(アウトドア)ブームが訪れるのが1990年代だ。この時期、オートキャンプ人口は1500万人を超え、全国に1000箇所以上のオートキャンプ場が作られたんだぞ。

この国で暮らしているのと、場所や設備がものすごく充実していて、知らずに過ごすのがすごくもったいないモノがいくつかある。たとえば「釣り」「野球」「ゴルフ」なんかがそうだが、「オートキャンプ」もその内のひとつだ。今日はそんなオートキャンプの達人に、愉しむためのコツを教えてもらおう。Here we go!
ONAIR LIST
9'01" / I Still Got A Finger / Blake Shelton
12'36" / Route 66 / George Maharis
24'17" / The Best Day / Taylor Swift
39'21" / さらば愛しき危険たちよ (LIVE) / 宮田和弥
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄