ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

フォークソング

2016.03.26

第155話 フォークソング

古くて新しい「フォークソング」を歌おう
第155話 フォークソング
あ、ボッコ、ちょっとそれ取ってくれ。そうそう、スパゲッティを食べる時に欠かせないヤツ。よしシンイチ、じゃあ今から俺が魔球を投げるからちゃんとキャッチしろよ。ほら、野茂英雄や佐々木一浩の決め球だったあの変化球だよ。ところで薫ちゃん、『刑事コロンボ』ってアメリカの古いドラマ知ってる? 「ウチのかみさんがね」でおなじみの主演はピーター……あれ、名前をど忘れしたな。うーん、まあいいか。今日は「フォークソング」を歌おう!

日本でフォークソングというとギター1本で歌うもので、学生運動が華やかりし頃に流行った歌というイメージだが、実は本来「Folk Music」という英語は民謡・民族音楽という意味だ。だから英語版のWikipediaで「Folk Music」という項目を見ると、アフリカや中国など世界中の民族音楽が解説されている。で、アメリカで民族音楽といえばカントリーミュージックだろ? アメリカでカントリーから派生した新しい音楽が日本で紹介された時「フォークソング」と呼ばれたんだ。

その新しい音楽がアメリカで誕生したのは1940年代。『怒りの葡萄』というピューリッツァー賞を受賞した小説があってな。アメリカの労働者の悲惨な生活を描いた作品なんだが、その「怒りの葡萄」の名を冠したコンサートで出会ったのがピート・シーガーとウディ・ガスリーの2人だった。2人はカントリーに社会的メッセージを取り入れて「This Land is Your Land」「Where Have All the Flowers Gone?」といった名曲を作り、モダンフォークを確立したんだ。

そんなフォークソングが日本に紹介されたのは1962年。ワシントン大学の4人組のバンド「ブラザーズ・フォア」が来日したのが最初だった。ただ、このグループは民衆の苦悩や社会的メッセージとはあまり縁のない学生バンドだったから、日本で最初に流行ったのも森山良子やマイク眞木によるカレッジ・フォークだったけどな。それが1960年代後半になって学生運動が盛り上がる中で、岡林信康や高石ともやが社会的メッセージを歌うようになっていったんだ。

車にギター1本積んでおけばいつでもどこでもフォークは歌えるし、シンプルなメロディだからみんなで一緒に歌うのも簡単だ。古くさいと言って切り捨ててしまうのは本当にもったいないぞ。たとえば『翼をください』だってもともとフォークソングだけど、学校でも教わるからみんなも歌えるだろ? 今日はその魅力を全盛期を知る人たちに語ってもらおう。そしてみんなで歌うぞ! Here we go!
ONAIR LIST
2'27" / 戦争は知らない / ザ・フォーク・クルセダーズ
10'02" / 結婚しようよ / 吉田拓郎
36'25" / 出発の歌 / 上條恒彦
46'56" / 戦争は知らない / ザ・フォーク・クルセダーズ
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄