ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

フェス

2013.07.20

第16話 フェス

伝説の「フェス」に立ち会おう!
第16話 フェス
人類が生み出したもっとも偉大な発明、それは音楽だ! あ、いや、その日の気分によってエアコンとかセロハンテープとか適当に変わるけど、人類の営みにおいて音楽が重要な要素の1つであることに間違いはないだろう。そして近年、その音楽界においてもっとも重要な1シーンになっているのが「フェス」だ!

現在、音楽界において「フェス」と言えば、それは「ロック・フェスティバル」を指す。そのロック・フェスティバルが初めて開催されたのは、1967年にサンフランシスコ郊外で行われた『モンタレー・ポップ・フェスティバル』だった。このフェスはまだ無名だったジミ・ヘンドリックスが、ステージの上でギターに火つけるパフォーマンスを行い、一躍スターダムにのし上がったことでも伝説となっている。

その2年後の1969年、ニューヨーク近郊のベゼルの丘で開催されたのが、かの有名な『ウッドストック・フェスティバル』だ。50万人もの若者が集まったこのフェスは、ヒッピームーブメント「サマー・オブ・ラブ」の集大成と言われている。ただし、そう言われるだけあって、集まった若者たちはとにかく自由奔放で、ほとんどの観客が入場料を払わないわ、土砂降りの雨に怪我人が多数でるわ、出産騒ぎまで2件もあるわで、とにかく大変だったが。

そんなフェスが日本に初上陸したのは1971年。箱根・芦ノ湖で開催された『箱根アフロディーテ』だ。ステージに立ったのは南こうせつとかぐや姫、トワ・エ・モア、赤い鳥、渡辺貞夫など。ロックに限らずあらゆるジャンルの人気アーティストが集結したんだな。ちなみにトリはイギリスのロックバンド「ピンクフロイド」で、霧が漂う夕暮れの湖畔で行われたそのステージは、今でも伝説のライブとして語り草になっている。

『箱根アフロディーテ』から40年以上が過ぎ、今やフェスはすっかり日本の夏の風物詩となった。今年も大勢の人々が、野外やスタジアムで開催されるフェスで「音楽の祭り」を満喫することだろう。今日はそのフェスを心から愛する人たちを紹介するから、ぜひその話を聞いてみてくれ。きっとオススメの愉しみ方を教えてくれるはずだ。Here we go!
ONAIR LIST
4'00" / Route 66 / George Maharis
14'54" / Sing Your Song / The Bawdies
34'43" / 男、走る! / 怒髪天
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄