ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

体操

2016.07.09

第170話 体操

日本のお家芸「体操」が生まれた場所は?
第170話 体操
さぁ〜博士が最後の伸身新月面に向かう! その放物線は栄光への架け橋だ……決まったー! よし、イメージトレーニングは完璧だ。表彰台で金メダルをかじるところまでイメージできたから、あとは団体メンバーのシンイチ、薫ちゃん、ボッコ、ピートを説得するだけ。そこで今日は俺が2020年の東京五輪で金メダルを目指す「体操」について詳しく調べてみよう!

体操の歴史は紀元前の古代オリンピックの時代にさかのぼる。ただ、古代オリンピックといえば出場選手はみんな全裸だったから、便利カーで見に行っても放送コード的にヤバイんだよな。そこで近代的な体操のルーツはというと、19世紀初頭にドイツで体育教師をしていたフリードリヒ・ルートヴィヒ・ヤーンが、ベルリン郊外のハーゼンハイデ公園に野外体操場を作ったのが最初だ。彼はナポレオン戦争に敗北して意気消沈したドイツの少年たちを励まし鍛えるため、鉄棒や木馬といった器具を使って運動させた。その器具を使った運動がそのまま発展して現在の体操競技になったことから、ヤーンは「体操の父」と呼ばれている。

ヤーンが考え出した器械体操は身体を鍛える優れたスポーツとしてあっという間にヨーロッパ中に広がっていった。なにせ1896年の第1回アテネ五輪で、体操が陸上や競泳と並んで競技として採用されたほどだったからな。日本にも1830年、つまり明治維新前の幕末に、兵学者の高島秋帆が長崎の出島で兵士の訓練方法として器械体操を学んだところから伝わっている。

そして時は下って1972年、西ドイツで開催されたミュンヘン五輪で革命的な技が一世を風靡する。日本代表選手の塚原光男が鉄棒で披露した二回宙返り一回ひねり、通称「ムーンサルト(月面宙返り)」がそれだ。当時はまだ体操競技にC難度までしか技の評価がなかったが、塚原のムーンサルトは明らかにC難度を超える技だったため「ウルトラC」と呼ばれた。これが今でも「とっておきの秘策」という意味で使われるウルトラCの語源だ。ちなみにその技、当然だが現在はD難度になっているな。

8月5日から始まるリオ五輪の代表選手に選ばれている白井健三は、昨年12月に床運動で「後方伸身2回宙返り3回ひねり」というH難度の大技を成功させ、その技が「シライ3」と名付けられた。俺が東京五輪を目指すには彼を超えなければいけないわけだが……そもそも宇宙人って五輪に出られたっけ? ロボットと猫は? その辺も含めて専門家に話を聞いてみよう。Here we go!
ONAIR LIST
2'42" / Route 66 / George Maharis
12'55" / Rio De Janeiro / Rosalia De Souza
31'35" / Doralice / Cristiana
43'10" / O Barquinho / Ana Martins
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・FM AICHI・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山・広島FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島・FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀・FM長崎・FM熊本・FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄