ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

ハロウィン

2016.10.29

第186話 ハロウィン

古くて新しい「ハロウィン」を愉しむ!
第186話 ハロウィン
10月31日は《ハロウィン》だ! 最近は日本でもずいぶん盛り上がって、渋谷が仮装した若者たちでいっぱいだって毎年ニュースで流れるくらいだよな。ここはひとつ宇宙人の俺も本気を出すかな……子供たちが「トリック・オア・トリート」と言うこともできずに逃げ出すくらい怖い仮装をしてやろう、フハハハハ!

そのハロウィンはもともと、古代ローマよりも前にヨーロッパ各地で栄えていたケルト人たちの収穫祭「サウィン」がルーツだ。ケルトでは11月1日が新年の始まりでな。10月31日の大晦日には、この世とあの世の扉が開いてご先祖様の霊がやってくると考えられていた。つまりサウィンは文字通り盆と正月が一緒に来るお祭りだったんだ。

その後、ゲルマン人やローマ帝国が勢力を拡大してケルト人は衰退していくが、サウィンはキリスト教における聖人の日「ハロウの日」として受け継がれていく。これがハロウィンの始まりといって良いだろう。もちろんキリスト教では「あの世からご先祖様の霊がやってくる」という部分は認められていないが、昔ながらの風習はアイルランドやスコットランドで続けられたんだ。

そして19世紀半ば、イギリスで深刻な食糧難が起こる。それで50万人もの人々がアイルランドとスコットランドからアメリカに移り住んだんだが、彼らがアメリカに持ち込んだのがハロウィンだった。ちなみにハロウィンに付き物の「ジャック・オー・ランタン」をカボチャで作るようになったのもこの時からだ。カボチャはアメリカが原産だからな。もともとカブで作っていたお化けのランタンを、アメリカ名産(?)のカボチャで作るようになったのがすっかり定着したってわけだ。

ところが1920年代後半になると、世界恐慌と禁酒法でアメリカの若者たちは非常に鬱屈した日々を送ることになる。そしてそのフラストレーションをお祭りの日、つまりハロウィンで発散する者が増えて、電柱を切り倒したり、消火栓を開けて街を水浸りにしたり、どんどんハロウィンは荒んでいったんだ。それで1930年代にはアメリカ中の学校や教会が「トリック・オア・トリート」を広め、ハロウィンは仮装した子供たちの家庭的なイベントとなった。

近年のハロウィン・ブームはSNSの影響だとも言われている。仮装は写真映えするからな。俺も仮装の写真を撮ってTwitterにアップしちゃうか? それならやっぱり、初めて俺のアカウントを見た人が泡を吹いて気絶しちゃうくらい怖い仮装をしないとな。よし、どんな仮装がいいかハロウィンに詳しい人に会って話を聞いてみるとしよう。Here we go!
ONAIR LIST
3'40" / Route 66 / George Maharis
12'15" / Scream & Shout / will.i.am feat. Britney Spears
36'31" / スリラー / マイケル・ジャクソン
44'51" / ハロウィンタウンへようこそ / The Citizens of Halloween town
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄