ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : 旅・観光

絶叫マシン

2013.08.31

第22話 絶叫マシン

「絶叫マシン」に乗りに行こう!
第22話 絶叫マシン
「恋はジェットコースター」なんて言う人もいるけど、上がったり下がったり、グルグルと回ったり真っ逆さまに落ちたりするのは楽しいものだ。もちろん怖さもある。でも乗らないと絶対に体験できない世界もある。だから人は恋をし、「絶叫マシン」に乗るんだな。というわけで、今週は絶叫マシンに乗りに行くぞ!

とはいえ、絶叫マシンに乗り慣れない人には、最新の絶叫マシンは少々刺激が強いかもしれない。もともとジェットコースターは、ロシアの貴族たちがソリで氷のコースを滑った、いわばボブスレーのような遊びがルーツだった。当時はせいぜい高さ10m、長さ150mくらいのコースだったから、それなりに刺激がありつつも、のんびした遊びだったんだ。このロシアの遊びをヒントに、車輪付きの乗り物で坂を下るアトラクションを遊園地に造ったのがフランス。そしてローラーコースター(ジェットコースター)が圧倒的な人気を博し、どんどん発展していったのがアメリカだった。

1884年、ニューヨーク郊外のコニーアイランドにアメリカ初のコースター「スイッチバック・グラビティ・プレジャー・レールウェイ」が登場する。これは高さ10m、時速10kmという牧歌的なコースターだったが、その約10年後には史上初の垂直ループコースター「フリップ・フラップ」が誕生。たった10年で垂直ループなんて、すごい進化だよな。ただしこの「フリップ・フラップ」は、ループの半径が小さすぎて、乗った人が次々にむち打ち症になったことから、すぐに撤去されてしまうが。

日本最初のコースターは昭和27年(1952年)、兵庫県の宝塚新温泉遊園地(後の宝塚ファミリーランド)に造られた「ウエーブコースター」だ。その翌年、現在も営業している浅草花やしきのコースター「ロケットコースター(現:ローラーコースター)」が登場。そして昭和30年(1955年)、水道橋に後楽園ゆうえんちがオープンし、ジェット機のようなスピードで走るという意味を込めた「ジェットコースター」が造られる。このジェットコースターが爆発的な人気を博したことから、日本ではローラーコースターをジェットコースターと呼ぶようになった。

今では様々なタイプのコースターに加え、垂直落下型、垂直打ち上げ型、バンジージャンプなど、各種の絶叫マシンが遊園地で大勢の人を非日常の世界へと連れて行っている。今日はそんな絶叫マシンが好きで好きでたまらないという人たちを紹介するから、ぜひその話を聞いてみてくれ。苦手という人にもその魅力がきっと分かるはずだ。 Here we go!
ONAIR LIST
2'46" / Route 66 / George Maharis
10'47" / Carioca Da Gema / Agenor De Oliveira
31'25" / Eu Canto Samba / Dorina
42'48" / Lobo Bobo / Wilson Simonal
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄