ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

アロマ

2017.11.18

第241話 アロマ

意外なくらい手軽にアロマは楽しめる!
ポッドキャストを聴く
第241話 アロマ
おや、ウチのガレージに良い香りが漂ってるな。たまにお隣から漂ってくるカレーや焼肉のニオイじゃない。何かの花のような、あるいは柑橘類のような、爽やかで華やかな香りがする。あー、マリアから湯気が立ってるってことは、こないだ付けたアロマスチーム機能か。しかし良い香りではあるんだが、何の香りか、どんな効果があるのか、さっぱり分からん。今日は《アロマ》についてちゃんと調べてみるかな!

アロマの歴史は驚くほど古い。たとえば紀元前1000年頃の古代エジプトでは、日没の時に「キフィー」と呼ばれるお香を焚いて神に捧げていた。これはシナモンやサフラン、干しブドウ、はちみつ、ワインなどを混ぜたモノで、バニラに似た甘い香りだった。それによって心を落ち着かせ、人々を安らかな眠りに導いたんだ。

また、紀元前400年頃の古代ギリシャでも、後に「医学の父」と呼ばれるヒポクラテスが体調不良を訴える女性を診察して、オリーブオイルに新鮮なバラを浸したローズオイルを処方している。そのオイルを使ったマッサージを女性に勧める光景なんて、現代のアロママッサージとまったく変わらないぞ。

そして11世紀、ペルシャ(現在のイラン)で、アロマにちょっとした革命が起きる。それまでは植物性の油に原料を漬け込んで香り成分を抽出していたんだが、イブン・スィーナーという医者が原料の植物を蒸して蒸留する抽出法を開発したんだ。これによって現代でもアロマに欠かせないエッセンシャルオイル(精油)の生産が可能になった。

さらに20世紀の初頭、フランスで香料店を営んでいたルネ=モーリス・ガットフォセが、香料の実験中に誤って大火傷を負ってしまう。しかしその時、慌てて近くにあったラベンダーのオイルをかけたところ、火傷が水ぶくれにならなかったんだ。その体験から彼は精油の効果を研究するようになり、その集大成として1937年に著書『アロマテラピー』を発表する。これこそがこの言葉の最初だった。

現在は癒やしのツールとして日本でもすっかり定着したアロマ。ぶっちゃけネット通販で注文すれば数百円からいろんな精油があるし、2000円くらいの入門セットでアレコレ試してみることも可能だ。今日はその魅力やコツを詳しい人に会って聞いてみるとしようかな。Here we go!
ONAIR LIST
3'23" / Route 66 / George Maharis
11'21" / In The Still Of The Night / Stacey Kent
31'56" / I Love Being Here With You / Carol Welsman
41'35" / Gray To Grand / Halie Loren
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄