ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : アウトドア , スポーツ

スキー板

2018.01.20

第250話 スキー板

滑りのために進化し続けるスキー板の歴史
第250話 スキー板
平昌五輪の開幕まで残すところ19日。冬季五輪が夏季と大きく違う点として、道具の良し悪しが勝敗を分ける競技が多いことが挙げられるだろう。真夏の暑さは素っ裸になればなんとかなるけど、寒い冬は着込まないと競技どころじゃないしな。今日はそんなスポーツギアの中でも1/100秒を縮めるために進化しつづける《スキー板》の最新事情を調べてみよう!

スキーという道具の歴史は驚くくらい古い。なにせスカンジナビア半島では紀元前2500年頃に狩りをする人々がスキーを履いていた姿が壁画に描かれているくらいだからな。ただし、人類がながらく利用してきたスキーはあくまでも雪上の移動手段で、今で言うノルディックスキーだった。

それが斜面を滑り降りる爽快なスポーツ、つまりアルペンスキーになったのはなんと20世紀になってからだ。そして1930年代、人気になりつつあったアルペンスキーをより上手く滑るために、オーストラリア人会計士のラドルフ・レトナーが考案したのがスキーの金属エッジだった。

それまでスキーには硬い金属エッジがなかったから、急なターンやアイスバーンの滑走をしようとすると、うまい人でもあっさりと転んでいた。現在のスキーの形を確立したのが金属エッジだったと言っても過言ではないだろう。この発明のおかげで1930年代前半はオーストリアの選手が数々の競技会を圧倒したんだ。

そして時は流れて1990年代、スキーに第2の革命が起こる。それがカービングスキーの発明だ。カーブというのは「曲がる(curve)」ではなく「削る(carve)」という意味で、雪にしっかりと食い込んでレールの上を滑るかのような高速ターンを可能にしたのがこのスキーだった。ただ、板の先と後ろが幅広になったフォルムせいで、最初は「おしゃもじスキー」なんて呼ばれたけどな。

フランスのサロモンロシニョール、オーストリアのアトミックフィッシャー、アメリカのK2、日本の小賀坂など、スキーショップに行くといろんなメーカーの板が並んでいて、どれをエランでいいのか分からなくなる。しかも最近はバックカントリーやフリースタイルなどスキーの愉しみ方も多様化しているので、各社でいろんなタイプのスキーがあるようだ。どうやって選べばいいのか、今日は詳しい人に会って教えてもらおう。Here we go!
ONAIR LIST
2'39" / サーフ天国、スキー天国 / 松任谷由実
13'31" / FREE RIDE / THE JANEDEAR GIRLS
38'00" / Beside You Babe/ Blake Shelton
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄