ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

テニス

2013.10.05

第27話 テニス

「テニス」はもっとも手軽な球技のひとつ!
第27話 テニス
先週の『東レ パン・パシフィック・テニス』に、今週の『楽天ジャパンオープン』と、大きな大会が続いて注目を集めた「テニス」。錦織圭やクルム伊達公子の活躍を見て、ちょっとテニスをやりたくなったんじゃないか? テニスはスキーやスキューバダイビングほどには大がかりな道具を必要としないし、場所も街の中のテニスコートだから、この秋に気軽に始めるスポーツとしては最高だぞ。

大がかりな道具を必要としないというか、テニスはもともと手のひらでボールを打ち合う遊び「ジュ・ドゥ・ポーム」がルーツだ。これは古代エジプトで行われていた球遊びをイスラム教徒がフランスに伝え、それをキリスト教の僧侶が広めたもので、11世紀にはフランス中の修道院に専用コートが作られたほどだった。フランス国王のルイ10世はジュ・ドゥ・ポームに熱中しすぎて体調を崩し、それが元で亡くなったなんて記録も残っている。

そして時は下って19世紀、イギリスにウォルター・ウィングフィールド陸軍少佐が現れる。彼はガーデン・パーティの余興として、幅30フィート、長さ60フィートの芝生の間にネットを張ってラケットでボールを打つ屋外テニス、すなわち「ローン(芝)テニスを」考え出した。これが現代テニスの始まりだ。ただし彼が考えたテニスはコートの形が砂時計のようにくびれていたので、新スポーツとして特許を取得したもののまったく利益にならなかったが。

日本では現皇后陛下の「ミッチーブーム」が最初のテニスブームだった。1958年に婚約を発表した皇太子殿下と正田美智子さんのロマンスは「テニスコートの恋」と呼ばれ、一大テニスブームを巻き起こす。日本中にテニスコートが作られたのがこの時だ。さらに70年代には日本人選手の活躍によって第二次テニスブームが起こる。この時に人気を博したのが漫画『エースをねらえ!』だな。このブームは80年代末のバブル崩壊まで続き、大学では無数のテニスサークルが生まれた。

その後も2001年に漫画『テニスの王子様』がアニメ化され大ヒットするなど、テニスというスポーツの認知度は基本的に高い。だが、この国ではどうにもテニス人口が減る一方で、最近は「ラケットを握ったこともない」という人も少なくない。街には数々のテニスコートがあり、いつでも気軽にテニスを愉しめる環境が整っているのに、一度も利用しないのはもったいないと思わないか? 今日はテニスに詳しい人を紹介するから、ぜひその話を聞いてみてくれ。 Here we go!
ONAIR LIST
9'53" / Wheels / Jamie Cullum
13'31" / Route 66 / George Maharis
33'20" / I've Got The World On A String / Michael Buble
43'29" / Watch What Happens / Tony Bennett with Natalie Cole
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄