ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

アニメ

2018.09.22

第285話 アニメ

世界的に有名なアレが「アニメ」の起源?!
第285話 アニメ
今週読んだニュース記事によれば、アメリカの人気アニメ『シンプソンズ』の声優のギャラは、現在、1エピソードあたり30万ドル(約3400万円)らしい。これには宇宙人もビックリだ。世界規模になるとアニメも儲かるんだな……こうなったら俺もアニメを作って宇宙に配信するしかない。今日は《アニメ》制作の歴史を勉強しよう!

アニメの歴史は意外なくらい古い。たとえば今から1万5000年ほど前に描かれた「ラスコー洞窟の壁画」を教科書で見たことがあるだろう。あれは牛の脚が8本も描かれている理由が長らく謎だったんだが、最近、松明の火を左右に動かしながら照らすと、壁の凸凹の影でうまいこと脚が隠れて、4本の脚が動いているように見えることが判ってな。これが最古のアニメであり、ラスコー洞窟は人類初の映画館だったなんて声もある。

近代的なアニメの原理は19世紀の半ばにベルギーの物理学者、ジョゼフ・プラトーが発明したフェナキストスコープだ。円盤に放射状のスリットを入れて、そのスリット間にパラパラ漫画のような絵を1コマずつ描く。その円盤を回転させて鏡に映したところを、裏からスリット越しに覗き込むと、円盤とスリットがシャッターの役目を果たして、絵が動いているように見えるんだ。これがアニメの、というか映画の基本原理だな。

そして1890年代にエジソンやリュミエール兄弟の発明によって映画が誕生すると、1906年にイギリス出身のジェームズ・ブラックトンが、黒板に描いた絵を1コマずつ撮影した世界初のアニメ映画『愉快な百面相』を制作。さらにそのわずか13年後には、漫画家でアニーメーターのオットー・メスマーがキャラクターアニメ『フィリックス・ザ・キャット』を作っている。今でもガムのパッケージでお馴染みだよな。

日本初のアニメ『凸坊新畫帖 芋助猪狩の巻』が公開されたのは1917年(大正6年)。それから101年が経ち、今やアニメは日本が誇るカルチャーとして世界中のファンから支持されるようになった。今日はその最前線にいる人たちに会って、アニメの辿ってきた歴史とこれからの未来の話を聞いてみよう。きっとそこに『シンプソンズ』みたいに稼げるアニメを作るコツもあるに違いない……Here we go!
ONAIR LIST
8'40" / If I Didn't Have You / Billy Crystal & John Goodman
12'30" / Route 66 / George Maharis
36'20" / You've Got A Friend In Me / Randy Newman
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄