ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : グルメ

スパイスカレー

2018.12.15

第297話 スパイスカレー

「スパイスカレー」ってどんなカレー?
第297話 スパイスカレー
今日はシンイチとマリアの新居に山猫冒険団一同で集って、新居のお披露目を兼ねたカレーパーティーを開くらしい。俺は宇宙人だが、カレーにはちょっとうるさいんぞ。なにせココイチの1辛で「うわっ辛っ! 水! 水!」と叫ぶくらいだからな。しかも今回は流行りの《スパイスカレー》に挑戦するとか。安易に流行に乗ろうとしている若者たちに、今回は日本のカレーの歴史をしっかりと教えてやろう。

日本にカレーが紹介されたのは明治維新の後の文明開化の時代だ。たとえば明治9年に開校した札幌農学校(現在の北海道大学)では、学食のメニューに「ライスカレー」が取り入れられている。当初はまだタマネギやジャガイモの栽培が試験的に始まったばかりだったので、具材は肉と長ネギだけ。それでもおいしくて栄養豊富だと評判で、2日に1回はカレーが出たほどだった。かのクラーク博士も学生たちにパン食を勧めながら、ライスカレーだけは認めていたんだぞ。

日本に「洋食」を広めた草野丈吉も忘れちゃいけない。長崎の出島で働いていた草野丈吉は、オランダ領事館の厨房で西洋料理を覚え、1863年に長崎で日本初の西洋料理店『良林亭』を開業。維新後は大阪へ進出し、ライスカレーやコロッケ、マカロニグラタンなど、現代でもおなじみの洋食で人気を博したんだ。来日したロシア皇太子やグラント将軍の接待も担当した彼が、カレーの普及に大きな役割を果たしたことは疑いようがないだろう。

第二次世界大戦の最中には日本のカレー界に一瞬だけ確変のチャンスが訪れたこともある。石油を求めてマレー半島やシンガポールなど南方へ進出した日本は、期せずして大航海時代にスパイス貿易の中心地として栄えた地域をがっつり掌握してしまったんだ。昭和16年に設立された全国カレー工業組合連合会は慌てて香辛料の新会社を設立しようとしたが、すぐに戦局が悪化。スパイス天国の夢はあえなく潰えてしまうが。

で、今は大阪発祥の「スパイスカレー」が全国的なブームらしい。基本はルーを使わずに様々なスパイスだけで味付けしたカレーで、数種類のカレーをあいがけした華やかな盛りつけも人気の理由なんだとか。ま、ぶっちゃけ俺もちょっと気になっていたところだ。今日はその道の専門家に話を聞いて、スパイスカレーがどんなものか、どんな魅力があるのか教えてもらおう。Here we go!
ONAIR LIST
13'17" / Route66 / George Maharis
35'47" / Just You, Just Me / Sinne Eeg
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄