ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : アウトドア , カルチャー

黄金

2019.04.13

第314話 黄金

意外とリアル?! 「黄金」を探す冒険へ!
ポッドキャストを聴く
第314話 黄金
昨年9月、西オーストラリア州のベータハント鉱山の地下500mで、鉱山労働者のヘンリー・ドールさんが史上最大となる88.9kgの巨大な金鉱石を発見した。その価格は約13億円。いやー、羨ましい。今週は我らが山猫冒険団も活動資金に稼ぐべく《黄金》を探す冒険に出かけよう!

金にまつわる最古の記録は紀元前4000年代のシュメール文明までさかのぼる。某人気ゲームでシュメール王朝のギルガメッシュ王が「金ピカ」と呼ばれるのも、当時から金を使った美しい装飾品が作られていたからだろう。実際、「ウルの王墓」と呼ばれる遺跡から金細工の装飾品が出土しているしな。

古代エジプトでは金の採掘がどのように行われたかの記録も残っている。紀元前1200年頃、まだ金属製のハンマーがなかった時代に、石器を使って金鉱石を採掘し、石臼ですり潰して水で洗い流して金を取り出していたんだ。そうやって集められた金は太陽神ラーの体の一部と考えられ、ファラオ(王)に捧げられた。ツタンカーメンのお面もそうやって作られたんだ。

一方、強欲な人々は、化学的な合成で金を作れないかと研究した。それが錬金術だ。水銀と硫黄を混ぜて加熱すると、黒、白、赤と次々に色が変わる。その色鮮やかな化学現象を金の生成に応用できないかと何人もの科学者が研究に没頭したんだ。16世紀の医師、パラケルススことテオフラストゥス・フォン・ホーエンハイムが代表格だな。そしてその現象のベースになると考えられた水銀と硫黄の化合物こそが、ファンタジー作品でおなじみの「賢者の石」だ。

19世紀のアメリカではゴールドラッシュが起きた。カリフォルニア州北部のコロマという町で、開拓地の用水路から砂金が見つかって、一攫千金を夢見る人々が世界中から集まったんだ。サンフランシスコが大都市に発展したのもその影響だと言われているな。人々がカリフォルニアに集まり始めたのが1949年だったので、彼らはフォーティナイナーズと呼ばれた。NFLのチーム名はこの歴史に由来しているぞ。

ここ日本も、かつて「黄金の国ジパング」と呼ばれた国だ。中尊寺金色堂に金閣寺、武田信玄の隠し金山に佐渡金山、徳川埋蔵金に豊臣埋蔵金など、黄金にまつわる名所や伝説は数知れない。今日は金に詳しい人に会って、なぜ黄金がそこまで人々を魅了するのか、そしてどこを探すべきか、ヒントを教えてもらうとしよう。Here we go!
ONAIR LIST
4'16" / Route 66 / George Maharis
12'10" / Don't Get Around Much Anymore / Natalie Cole
33'43" / What Can I Say After I Say I'm Sorry? / John Pizzarelli
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄