ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

NBA

2019.07.13

第327話 NBA

超人が集う「NBA」がすごい!
ポッドキャストを聴く
第327話 NBA
NBAのドラフトで1巡目の指名を受けてワシントン・ウィザーズに入団したバスケットボールの八村塁選手が話題だな。何がすごいって、ルーキーで年俸4.9億円という噂だ。MLBの大谷翔平が7200万円ってことを考えると、野球をやってる場合じゃない。今日は《NBA》を目指して、その魅力や歴史を紐解いてみよう!

NBAが創設されたのは1946年。当初は「Basketball Association of America(BAA)」という名称で、初代コミッショナーはアイスホッケーのプロリーグ「American Hockey League(AHL)」会長のモーリス・ポドロフだった。実は23年も先に発足したのはAHLの方でな。アイスホッケー用のアリーナはシーズンオフにはどうにも使い道がない。そこで大学生に人気のバスケに目を付けて、プロリーグを作ったのが最初だったんだ。

厳密に言えば、その前からNBLというバスケのプロリーグは存在していた。しかし中西部の地方都市が基盤だったNBLはあまり振るわず、1949年にBAAと合併して「NBA」が誕生したんだ。翌1950年には、NBL出身で208cmのジョージ・マイカンが大活躍し、相手チームが「敵にボールを渡さないため、わざとシュートしない」という戦術をとったほどだった。これが24秒以内にシュートしなければいけないというルールの導入と、選手の大型化を促すきっかけになったと言われている。

1984年にはNBAの第4代コミッショナーにデビッド・スターンが就任。彼はゲームのショーアップやチーム数の増加に努め、リーグ全体の売上を10年で40倍にした辣腕家だった。さらにスターンは、プロスポーツとしてはいち早くドーピング対策に取り組み、そのおかげでNBAは1992年のバルセロナ五輪にドリームチームを送り込むことが可能になった。マイケル・ジョーダンやマジック・ジョンソンなどの豪華すぎるメンバーが話題になったが、彼らが五輪の厳しいドーピング検査をパスした事実が、NBAのイメージを大幅にアップさせたのは間違いないだろう。

先月に行われたNBAのファイナルでは、トロント・ラプターズが4勝2敗でゴールデンステイト・ウォリアーズを下して優勝。カナダ勢としては初の優勝を飾った。我らがヤマネコ・ボウケンダーンも日本のチームとしてNBAの優勝を目指すぞ。今日はNBAに詳しい人に会って、レギュレーションや注目選手を教えてもらおう。え、ロボットと宇宙人と猫の出場はNG? そんなー。
ONAIR LIST
2'35" / Route 66/ George Maharis
11'52" / I'm So Paid / Akon Feat. Lil Wayne & Young Jeezy
36'01" / Good Life / Kanye West Feat. T-Pain
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄