ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : グルメ

アイスコーヒー

2019.07.20

第328話 アイスコーヒー

「アイスコーヒー」は日本発祥?
ポッドキャストを聴く
第328話 アイスコーヒー
ニュースによれば、東京ディズニーシーのエントランスを入ってすぐ右のベーカリーでは、7/8〜9/1の期間限定で「コーヒータピオカラテ」を販売していて、今、TDSで一番の行列と言われるほどの人気ぶりらしい。タピオカのことは先月に調べたばかりだから、今週はおいしい《アイスコーヒー》の淹れ方を研究して、我らが山猫冒険団も一山当てるぞ!

アイスコーヒーは日本発祥という説もあるが、厳密に言えばそこまででもない。大昔からコーヒーを飲んでいたアフリカでは、暑い時期に水を入れて冷ましたコーヒーくらい普通にあったからな。ただ、冷蔵庫も製氷機もない時代に、水を入れて温度を下げただけのコーヒーがどんな味だったかは、現代人でもなんとなく想像がつくだろう。

1840年頃、アルジェリアを植民地支配していたフランス人は、地中海に面した街でアフリカの冷ましたコーヒーを体験し、そこに砂糖やリキュールを加えたドリンクを開発。その街の名前から「マサグラン」と名付け、フランスに持ち帰っている。しかしパリのカフェで提供したマサグランの評判は散々だった。衛生上の問題から生水を飲まないという習慣もあって、ヨーロッパではアイスコーヒーはまったく人気が出なかったんだ。

しかし19世紀の後半、明治時代に文明開化の一端としてコーヒーが普及した日本では事情が違った。日本は井戸水でスイカを冷やしたり、そばやうどんを水で洗って食べるくらい水がキレイだったからな。「暑い季節はコーヒーも麦茶のように冷たくして飲みたい」と考えたんだろう。明治24年には東京神田の製氷店が「氷コーヒー」を販売した記録が残っている。

明治の作家・村井弦斎は、その氷コーヒーことアイスコーヒーをこよなく愛した人だった。妻の村井多嘉子が書いた『弦斎夫人の料理談』によれば、そのアイスコーヒーは挽いたコーヒー豆に水と卵の殻を入れて煮込み、漉して牛乳と砂糖を加えて冷ましたもので、飲む時にレモン油を加えたそうだ。去年、実際に作った人が「夏中はまったほどおいしい」とブログに書いているから、興味がある人は試してみてくれ。

こうして日本で定番になったアイスコーヒーは、本当につい最近、1990年代にスタバが販売するようになってから、ようやく世界的に普及しつつある。ちょっと前まで海外では文法的に正式な「Iced coffee」ですらろくに通じなかったけど、今は口語的な「Ice coffee」でもけっこう通じるらしいな。山猫冒険団の世界戦略のため、今日は詳しい人に会っておいしいアイスコーヒーの淹れ方を教えてもらうとするか。Here we go!
ONAIR LIST
2'35" / Route 66 / George Maharis
12'49" / The Coffee Song / Eydie Gorme
32'22" / Voce E Eu / Carlos Lyra
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄