ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : 旅・観光

エアポート2014

2014.02.01

第44話 エアポート2014

飛行機の発明から8年後に国内初の「空港」が!
第44話 エアポート2014
空港はいいよなぁ。いや、もちろん俺には便利カーがあるから、移動手段としての飛行機に用はない。でも大昔から港町には異国情緒が溢れていたように、空の港も世界中の人とモノ、そして地球で最先端の設備が愉しめる非日常の空間だ。なにより日本ではなかなか意識する機会の少ない国境がそこにあるってだけでロマンがあるじゃないか。

日本で最初の空港は1911年(明治44年)に埼玉県の所沢に作られた「陸軍所沢飛行場」だ。民間機の空港ならその翌年、千葉市の稲毛海岸に開設された「稲毛飛行場」だな。アメリカのライト兄弟が「ライトフライヤー号」で初飛行に成功したのは1903年。それから10年も経たない内に日本で民間機の空港が開設されているなんて、人類の飛行機に対する情熱が伺えるだろう。

ただしこの頃、飛行機はまだ1人乗りの複葉機で、旅客機なんてものはなかった(まだまだ命がけの乗り物だったしな)。だから民間の空港は「航空ショー」の練習と実演のために作られたんだ。稲毛飛行場を作った奈良原三次は日本における民間航空の草分け的存在だが、彼もまた北は北海道から南は九州まで日本全国で航空ショーを行っている。その拠点としたのが千葉の稲毛飛行場だった。

航空ショーの次に飛行機が利用されたのは貨物の輸送だ。1923年(大正12年)から朝日新聞社が始めた「東西定期航空会」は、東京の洲崎飛行場と大阪の城東練兵場の間を、浜松市の三方原飛行場を中継地として約4時間で飛び、空港と空港を繋ぐ初めての定期貨物便となる。ただしその年の9月、関東大震災で洲崎飛行場は焼失してしまうので、東京側の空港はすぐに立川陸軍飛行場に移ることになるが。

そして1928年(昭和3年)、東西定期航空会は新設された政府肝いりの航空会社「日本航空輸送」に吸収され、ついに旅客業務を開始する。さらに航空行政に力を入れるようになった政府が、日本航空輸送のために日本初の国営民間機専用空港として1931年(昭和6年)に作ったのが「羽田飛行場」、現在の羽田空港ってわけだ。記念すべき第1便となった羽田発大連行き日本航空輸送便の乗客は「マツムシとスズムシ6000匹」だったけどな。

現在はその羽田を始めとして、大小100以上の空港が日本中に点在している。昔から夢の場所として人気を博してきた空港だが、特に近年は空港側も乗客ではない観光客を歓迎する方向でサービスを充実させているようだ。ちょっと週末に足を伸ばして空港デートなんて愉しいんじゃないか? 今日は空港に詳しい人を紹介するから、ぜひ話を聞いてみてくれ。Here we go!
ONAIR LIST
4'47" / Route 66 / George Maharis
13'41" / Come Fly With Me / Michael Buble
35'10" / Samba Do Aviao / Joyce
43'06" / The Continental / Eliane Elias
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄