ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : ドライブ

運転の歴史

2014.03.01

第48話 運転の歴史

時代とともに変わる「運転」の技術
第48話 運転の歴史
地球で最初に発明された車はなんだか知ってるか? 1769年にフランスで発明された蒸気自動車? うーん、惜しいけど不正解。正解は紀元前5000年頃に発明された荷車でした! インダス文明の遺跡「ハラッパー」には、ちゃんと道路に轍(わだち)の跡が残ってるんだよ。大八車、リヤカー、台車……その類の荷車は、人類が文明発祥の頃から利用してきた便利な道具なんだ。

その次に発明された車が馬車だ。紀元前2700年頃の古代メソポタミアの遺跡からも馬車の粘土模型が発掘されているな。まあ、荷車を家畜の馬に引っ張らせるくらい誰でも考えるから、発明はほぼ同時と考えていいんじゃないか? 古代ローマで馬に引かせた二輪戦車が活躍したのは映画『ベン・ハー』でもお馴染みだし、中央アジアの遊牧民は幌付きの四輪馬車で広大な草原を旅した。人類は4000年以上に渡って陸上の移動や輸送の手段を馬車に頼ってきたんだ。

その馬車に使われていた馬という動力をエンジンやモーターに置き換えたのが、18世紀に誕生した自動車だったというわけだ。ちなみに英語の「drive」はもともと「推し進める」という意味で、だからネジを回す工具も「ドライバー」だし、ゴルフの1番ウッドも「ドライバー」と呼ぶ。そして馬車を操縦することも「ドライブ」だったから、自動車の運転も「ドライブ」と呼ぶようになった。

その自動車の運転は、自動車の進化とともにどんどん変わっている。わかりやすいところで、いまどきエンジンをかけるのにクランク棒を回したことのあるヤツなんてそうそういないだろう? あれは単に回せばエンジンが掛かるってものでもなく、けっこう慣れとコツが必要で、車の運転に必要な技術の1つだったんだ。

近年はAT車の普及によりクラッチやミッションの操作が車の運転から消えつつある。ABSやASRが開発されタイヤはロックやスリップしにくくなったし、カーナビのおかげで道に迷うこともなくなった。リヤビューモニターやバードビュー機能付きマルチアラウンドモニターがあれば車庫入れや縦列駐車がすごく楽だし、自動緊急ブレーキや自動運転が実用化するのもそう遠い未来の話じゃないだろう。

今日はそんな日々変わりつつある車の「運転」について、詳しい人に会って話を聞いてみよう。そしてシンイチ! せっかく免許を取ったんだから、自分の車を持ってみろ。世界が変わって「え〜、ボクはパスします……」なんて口癖もきっと直るだろうからな! Here we go!
ONAIR LIST
4'28" / Route 66 / George Maharis
11'23" / Route 66 / Natalie Cole
44'22" / Come Back To Me / James Torme
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄