ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

パラグライダー

2013.06.01

第9話 パラグライダー

「パラグライダー」で空中散歩!
第9話 パラグライダー
太古の昔から人類は「大空を自由に飛びたい」と思ってきたよな。今でも『Fly Away』とか『翼をください』とか、そんな気持ちを歌った曲はいっぱいあるし。でも、ぶっちゃけ今はけっこう簡単にその願いが叶うじゃないか。そう。「パラグライダー」をやれば。

パラグライダーの元となったパラシュート、つまり「大きな布を広げて空気抵抗を大きくし、落下の速度を落とす仕組み」は大昔から考えられていた。たとえば、かのレオナルド・ダ・ヴィンチもそんなスケッチを残している。でも当時は飛行機もなかったし、現実問題としてそんなモノは必要も使い道もなかったんだ。

そのパラシュートが注目されるようになったのは18世紀の終わりに気球が発明されてからだ。1783年、モンゴルフィエ兄弟が熱気球による有人飛行に成功し、人類は大空へと羽ばたく術を手に入れる。そして空でアクシデントが起こった時、地面まで安全に降りる手段としてパラシュートが開発・利用されるようになった。

そして時は流れて1964年、そのパラシュートに革命が起こる。フロリダ州のドミーナ・ジャルバートという男が、丸いパラシュートを四角くしたんだ。従来の丸いパラシュートは「空気抵抗を利用した減速器具」だったが、この改良で「翼状の構造による揚力の利用」が可能になった。これによって落下装置のパラシュートが、滑空装置のパラグライダーへと進化していく。

そうやって生まれたパラグライダーを遊びとして活用しだしたのは冒険家だちだった。1987年にフランス人の登山家、ジャン=クロード・ベトンが、アルプスから下山するのにパラグライダーで崖から飛ぶ。これが現在のパラグライダー飛行の起源と言われている。そう言うと格好良く聞こえるけど、当人は「歩いて降りるのが面倒だから」なんて言ってたぞ。

その後、パラグライダーはどんどん改良され、今では誰でも使える性能と安全性を獲得。スカイスポーツというジャンルを確立した。今日はその道の専門家を紹介するから、パラグライダーの魅力を教えてもらおうじゃないか。そしてカラオケで「♪大空をー自由にー飛びたい−」なんて歌うくらいなら、本当に飛んでみろよ! Here we go!
ONAIR LIST
4'10" / Route 66 / George Maharis
12'14" / Two Kites / Lisa Ono featuring Daniel Jobim
34'03" / Up, Up And Away / Bebel Gilberto
44'14" / Sky High / Charade
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄