ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

卓球

2015.03.07

第101話 卓球

ゲストコメント
タレント/選手 四元奈生美さん「卓球は縛りのない自由なスポーツ」
タレント/選手 四元奈生美さん
卓球のプロ選手だと「ツッツキ」と呼ばれるボールの下をこするような打ち方を3000回も繰り返す練習をしたりします。卓球にはいろんな戦型(プレースタイル)の人がいるのですが、私がその練習をした時はカットマン(カットを得意とする人)との対戦を想定した練習でした。

カットマンは後ろに下がって相手が打ってくるのを待つスタイルなので、対戦相手としてはなかなか打ち抜けません。そこで一度、カットマンを前に詰めさせてから打ち抜こうとします。そしてそれでも抜けない時は「促進ルール」を狙います。これはゲームが長引いた場合、サービス側が14本以内に決めないといけないというルールです。

卓球は1ゲームだいたい5分。それが10分を超えたら促進ルールが適用されます。促進ルールが適用されなければ「何本以内に」というルールはないので、カットマンは何度も何度も拾いまくるんです。私のような小柄な選手だとなかなかカットマンを打ち抜けないので、促進ルールで「カットマンもサーブの時は打ってね」という展開を狙います。その促進ルールになるまでを耐えるためのツッツキ練習だったので、今でもかなり自信のあるプレーです。

ボールにバックスピンをかける「カット」に対して、トップスピンをかけることを「ドライブ」と言います。このボールは90度くらいの角度でラケットに当てると上に飛び出してしまうほどです。戦型としては何でもできるオールラウンドプレーヤーもいますし、前で攻めるのが得意な前陣速攻と呼ばれるスタイルもあります。さらに右利きか左利きかも重要です。

卓球は「こうしなきゃいけない」という縛りがない自由なスポーツ。本来は守備が中心のスタイルなのにやけに攻撃が上手いカットマンもいれば、無回転のナックルボールを打つ選手もいます。あらかじめナックルと判っていればトップ選手なら対応できますが、すごいスピードでボールを打ち合っている中、回転がどんどん変わるので難しいんです。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄