ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : 旅・観光

富士山

2013.06.15

第11話 富士山

ゲストコメント
筑波大学附属高校教諭/写真家 田代博さん「見力の山、富士山」
ポッドキャストを聴く
筑波大学附属高校教諭/写真家 田代博さん
東名高速道路からは富士山がよく見えるけど、サービスエリアの中ではここ富士川サービスエリアがピカイチ。穴ごしに富士山が見えるモニュメントも置かれていて、こんな風に穴から覗く富士山を「トンネル富士」と呼ぶ。ありきたりな風景の中の富士山ではなく、フレームで切り取った富士山は独特でおもしろい。本物のトンネルなら一瞬の眺めなので、瞬間の芸術とも言える。

車の窓から見る富士山は「車窓富士」。富士山を眺めるためだけに東名を走る人もいるくらいで、私も東名から富士山が見える限界はどこか調べるために走ったことがある。結論としては浜名湖の橋の上が最後だった。ただし運転しているとじっくり富士山を眺めるわけにはいかないので、協力してくれる人が必要になる。

由比パーキングエリアの近辺なら「消え富士」という愉しみ方がある。富士山が手前の山に隠れて見えなくなる、その消えていく光景を愉しむ見方。場所によっては車の後方になるので、後部座席で後ろ向きになって写真を撮っていると、後ろの車と目が会って少々気まずい思いをすることもある。でもそれを気にしていたら良い写真は撮れない。

富士山の山頂にちょうど重なる日の出や日没は「ダイヤモンド富士」と呼ぶ。日の出や日没の瞬間、太陽がキラッとダイヤモンドのように輝くことからそう名付けられた。さらにそれが満月になると「パール富士」。真珠のような柔らかい輝きの満月が富士山と重なるので、これもまた美しい。

富士山は「見力(みりょく)」の山。見るだけでパワーをもらえるし、いろんなところから見える。富士山が見える範囲に住んでいる人は約4000万人。西は和歌山県から、東は福島県まで、南は八丈島からも見える。東京なら高層ビルから見えるのは当たり前で、「路上富士」といって地面から見るのが通。さらに「と富士」といって「○○と富士」を愉しむジャンルもある。都内なら羽田空港の富士見台がイチオシで、ここは「モノレールと富士山」の眺めを愉しめる。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・FM AICHI・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山・広島FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島・FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀・FM長崎・FM熊本・FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄