ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

女子サーフィン

2016.07.30

第173話 女子サーフィン

ゲストコメント
「HONEY」編集長 林芳史さん「現代のサーフカルチャーはとてもシンプル」
「HONEY」編集長 林芳史さん
昔に較べればサーフィンをやる女性もずいぶん多くなりました。食べものに気を遣ったり運動したりするようなヘルシーなライフスタイルが人気を集める中、もともとヘルシーなサーフィンも人気になっているのではないかと考えてます。

ボードはショートボードとロングボードの中間の「ミッドレングス」が流行っています。ショートボードほど短くないので早くテイクオフができて、ロングボードほど長くないので取り回しが楽。とても女性に合ったサイズだと思います。具体的には6フィート6インチから8フィート8インチまでがミッドレングスなので、だいたい2mちょっとですね。「オルタナティブ」と呼ばれるボードはフィンの枚数やボードの形状(アウトライン)が普通とは違うボードの総称なんですが、ミッドレングスはそのオルタナティブの一部と考えていいでしょう。

ファッションも時代とともに移り変わっていきます。昔の女子サーファーならネオンカラーのTシャツにサーフブランドのロゴが大きくプリントされていて、茶髪にブルーのアイシャドウというイメージでした。でも最近はアースカラーのTシャツにロゴのプリントは無し。ボトムは薄いブルーや白のデニムで、そこにアクセントとしてハットやアクセサリーという、シンプルでナチュラルなスタイルが流行っています。そのあたりは一昨年あたりに流行った「エフォートレス・シック」や「ノームコア」といったファッションスタイルの影響も受けているでしょう。

サーフカルチャーの発信地といえばカリフォルニアですが、最近はオーストラリアも大きな存在になっています。オーストラリアではサーフィンが国技と言われるくらい根付いていて、学校の授業でもサーフィンがあるほどです。日本はまだまだサーフィンはそこまで根付いていなくて、千葉の一部の学校で授業に取り入れられている程度。日本には世界で6番目に長いと言われる海岸線があるので、皆さんもっとサーフィンに親しんでもいいのではないでしょうか。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄