ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

サンタクロース

2016.12.24

第194話 サンタクロース

ゲストコメント
作家、探検家 髙橋大輔さん「聖ニコラウスがサンタクロースになった経緯」
作家、探検家 髙橋大輔さん
サンタクロースの背景となる伝承は世界中にあります。日本や中国のような大昔からキリスト教が根付いていたわけではない国でも、下地になるような文化風習がありました。たとえば日本なら「なまはげ」がひとつの候補。サンタクロースの古い形を追跡すると、みんなああいう感じの怪物になります。

なまはげが来ると、家々で用意したお餅をなまはげにプレゼンする。すると、なまはげが穢れを祓ってくれる。ヨーロッパにもそんななまはげに似た怪物の伝承があるんです。サンタクロースの原型のひとつとされるオーストリアの聖ニコラウス祭なら、クランプスという毛むくじゃらの怪物がやってきて、出会った人を片端からムチで叩きのめしていきます。それによって穢れが落とされるとされる伝統行事です。

聖ニコラウスは3〜4世紀頃に実在した人物で、トルコに生まれて、大きな家で育ちますが、幼い内に両親を亡くし、残された莫大な財産を人助けのために使った人として伝わっています。隣の家が貧しさのあまり娘を売ろうとしていると聞いて心を痛めた聖ニコラウスは、夜にこっそりとその家へ忍び込み、金貨を窓から投げ入れたそうです。そんな行為がサンタクロースの原型になっています。今のトルコはイスラム教の国ですが、当時は生まれて間もないキリスト教が人気で、聖ニコラウスもキリスト教を広めようと頑張った人でした。

死後、聖ニコラウスは船乗りたちに篤く信仰され、その船乗りたちがオランダあたりに聖ニコラウスの信仰を持ち込みました。中世は政略結婚が盛んで、オランダも一時的にイタリアの王族が支配していた時期があり、その影響で同じ文化圏を共有していた時期があったんです。地中海で信仰されていた聖ニコラウスが北欧へと伝わっていったのはそんな事情がありました。

さらにその後、宗教改革が起こってプロテスタントが生まれます。プロテスタントでは神様に姿があってはいけないとされるので、サンタクロースも許されません。でも「姿形のない妖精がプレゼントを置いていく」ならなんとか我慢できる範囲とされました。それが姿の見えないサンタクロースの始まりです。

ちなみに「セント・ニコラウス」が短くなって「サンタクロース」になりました。だから昔のクリスマスソングには「セント・ニコラウスは来るかな?」なんて歌詞もあります。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄