ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

時計

2017.02.04

第200話 時計

ゲストコメント
CCCメディアハウス第一編集局別冊企画編集部 渡辺芳浩さん「最新の時計からレトロな時計まで」
ポッドキャストを聴く
CCCメディアハウス第一編集局別冊企画編集部 渡辺芳浩さん
SEIKOの『シリーズC3』はデジタル表示の時計ですが、文字の色が変化するのが特徴です。昔はデジタル時計の表示といえば白地に黒い文字だったり、黒地に白い文字くらいしかありませんでしたが、この時計は70色から選べるので、その日の気分に合わせたり、日中と夜で色を変えたりできます。デジタル表示で色を使うのは青色LEDが開発されたことで可能になったのだそうで、実用になったのはここ数年です。目覚まし機能はもちろん、温度や湿度の表示も付いてます。価格は1万円くらいでしょうか。

アナログ表示の時計なら、GPSの衛星を使った時計も出ています。地上の基地局から発信される電波を受信して正確な時刻を表示する電波時計は昔からありましたが、その地上波のかわりにGPSの電波を利用するんです。こちらもSEIKOの『スペースリンク』というシリーズで発売されています。

GPSを利用するメリットは、従来の地上波よりも受ける範囲が拡がること。現在、30基ほどのGPS衛星が軌道上を動いているので、建物の中でもその内のどれかの電波を拾える確率が高くなります。地上に固定された基地局からの電波だとこうはいかず、電波が届きにくい場所はずっと届きにくいままですから。位置情報サービスのGPSで時計と聞くと意外に感じるかもしれませんが、GPS衛星には10万年に1秒も狂わない原子時計が搭載されていて、位置の測定に使われています。それを利用した時計が実用化されたのは2年ほど前という最新の時計です。価格は3万円ほどでしょうか。

一方、機能よりもレトロな雰囲気で人気なのが「バスクロック」です。もともとこの時計は船舶用に開発された防水防塵に優れた時計で、実際に南極観測船などでも利用されました。それがトロリーバスなどでも使われたため、一般的にはバスクロックという呼び名で定着したんです。デザイン的にも優れているので今でも愛用している人が多く、ロングセラーになっています。さすがに現在発売されているバスクロックは、中の機構は新しくなっていますが、そのデザインが若い人には新鮮に映るみたいです。価格は2万円ほどと少々高めですが、せっかく時計を買うなら自分の好みにこだわってはいかがでしょうか。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄