ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : グルメ

うどん

2017.02.18

第202話 うどん

ゲストコメント
映画監督 本広克行さん「うどん県で本場の讃岐うどんを!」
ポッドキャストを聴く
映画監督 本広克行さん
僕は香川県の出身なので、子供の頃からいつもうどんを食べていました。当時は製麺所や駄菓子屋さんに行けばうどん玉1つを50〜60円くらいで売っていたので、それをビニール袋につゆや醤油と一緒に入れて、ツルツルと食べながら歩いていたものです。それくらいうどんは日常的なものでした。

「お客さんが裏の畑へ行って自分でネギをとってくるうどん屋」はすっかり有名になりましたが、有名にしたのは村上春樹さんです。村上春樹さんが編集部に連れられて『なかむらうどん』に行き、とてもおもしろいとエッセイに書いたので一気に有名になりました。今もその店はあって、土日になると行列ができるほどの人気店です。

香川では製麺所で麺を買ってきて、家で母親の作った出汁で食べるおふくろの味がどの家にもあります。お葬式でもうどんを食べますし、家を新築したらその家のおじいちゃんがお風呂に入ってうどんを食べるのも昔からの習わし。そんな香川出身の僕は、東京ではうどんを一切食べません。もし僕が東京でうどん屋に行くとしたら「香川から来た○○の流れのお店」ということがちゃんと分かる時だけでしょう。

香川には宮武さんとか中村さんとか有名なお店の流派があって、それぞれ作り方が微妙に違います。うどん専用の天ぷらで有名なのは『藤原屋』ですね。ゲソ天をうどんに入れると衣がきれいに砕けていくんですが、微妙にカレーの味がしておいしいんです。東京なら神田に『香川一福』というお店があります。ここの大将はまだ若いのに香川県のうどんランキングで2位なのでおすすめです。

香川県は日本で一番小さな県なのに高速道路がドーンと走っているので、20分くらいで東から西までクルマで一気に移動できます。しかもカーナビもうどん屋さんがちゃんと登録されている特別仕様(?)なので、うどん屋巡りをするならクルマが便利だと思います。

巨匠・大林宣彦監督が「あのうどんを食べるために香川まで日帰りしたい」と言うのが『鶴丸』のカレーうどん。ただしこの店は夜8時からしか営業しないので東京から日帰りはちょっと無理ですね。それから地元の感覚だとおそらくカレー自体はインスタントです。でも大林監督の世代だとそういう味に郷愁を感じるんじゃないでしょうか。それもひとつの「おいしい」なので、大林さんが香川にいらっしゃった時はいつもご一緒しています。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・FM AICHI・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山・広島FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島・FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀・FM長崎・FM熊本・FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄