ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

江戸の夕涼み

2013.08.24

第21話 江戸の夕涼み

ゲストコメント
作家/江戸歩き案内人 黒田涼さん「東京よりも涼しかった江戸の街」
ポッドキャストを聴く
作家/江戸歩き案内人 黒田涼さん
実は江戸時代は今ほど暑くなかった。今は真夏日(最高気温30℃以上)が年間に何十日もあるけど、江戸時代は数日しかなかったらしい。だから風鈴だの金魚だの花火だの、気持ちの持ちようで涼しくできる範囲の暑さだった。

これは世界の気温が100〜200年ぐらいの単位で変動していて、江戸時代は世界的に寒い時期だったから。特に18世紀は寒くて、ナポレオンが冬将軍にやられたのも19世紀初頭だったし、日本で冷害によって起こった天明の飢饉も18世紀の後半。逆に平安時代は暑かったらしいけど、江戸時代は今より2〜3℃は涼しかった。

さらに現代は地球温暖化の影響もあるし、東京にはヒートアイランド現象もある。今から120年くらい前の明治時代から気象観測データは残っていて、最高気温を調べてみると明治の初め頃は今より2℃ほど低い。32℃なら風鈴で我慢できるけど、34℃はちょっと無理だと思う。

そして今の東京は江戸と較べて造りが暑すぎる。江戸の街はモノを運ぶのに船を使っていたし、江戸城のお堀もあった。その水辺が今は圧倒的に減った。江戸城の外堀も半分くらい埋め立てられ、渋谷川や目黒川は地下の下水管になってしまった。

また江戸にはすでに水道があった。多摩川の水を引いて、それぞれの町に水道管を通し、井戸で汲み上げて水を使った。でも下水がなかったから、使った水は外に捨てていた。これは一種の打ち水で、今は生活排水を下水に流すからその打ち水もない。その影響もあると思う。

建物も今と違って木造。木は雨が降ればその湿気を含むし、構造的に熱気が屋根裏へと逃げていく。床下にも空気は通るし、軒があるから直射日光が部屋に差し込むこともない。昔ながらの和風建築は暑い夏を快適に過ごせるような造りだった。

涼しくするには風を通すのが特に大事。江戸時代は堀や川があったので、海からの風がそこを通っていた。でも今はその上に架かった首都高が邪魔をして、涼しい海からの風が通らない。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄