ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

ジョギング

2017.02.25

第203話 ジョギング

ゲストコメント
『24時間テレビ』マラソントレーナー 坂本雄次さん「最初は歩くところから始めましょう!」
『24時間テレビ』マラソントレーナー 坂本雄次さん
『24時間テレビ』で走るのは基本的にタレントさんですから、もともと走っていた方はほとんどいらっしゃいません。そこで一番最初はきちんとしたフォームから覚えていただきます。そしてその時に「しっかりした歩きの延長線上にジョギングがある」という教え方をしています。

皆さん、買い物に行ったり通勤で駅まで移動するのに毎日歩いていると思いますが、その時のスピードはだいたい時速4kmくらいです。そのスピードをだんだん上げていき、ちょっと早歩きの「速歩」から、しっかり腕を振って意識的に速く歩く「急歩」まで行くと、上半身と下半身のバランスを取るのが難しくなってきます。ところがそこで下半身の動きを「歩く」から「走る」に変えるとすごく楽になるんです。その時の動作がランニングのフォームなので、ジョギングはそこからスタートします。

ジョギングは典型的な有酸素運動で、特に意識しない自発呼吸の範囲でやるものです。だから2人で会話をしながら走っても息が弾まないペースで走ります。体脂肪が燃焼するのでダイエット効果もあるし、汗をしっかりかくことで気持ち良く体が締まる。頑張って速く走ろうとするよりも、良いジョギングを心掛ける方が走る目的によっては効果的なのがジョギングというスポーツの特徴だと思います。

人間の体は左右対称ではありません。そこでうまくバランスを取りながら走ることが重要です。バランスが取れていれば息が苦しくならないので、けっこう走り続けられます。たとえば皇居のランニングコースなら1周が約5kmなので、体力に見合ったペースで走れば「今の段階では5kmをこれくらいの時間で走れるのか」と距離と時間に対する感覚が掴めるでしょう。私たちはその周回を増やす過程を見ながら、その人のどういうところに体つき上の弱点があるのかを見極めて、少しずつ補強しながら本当に走れる体作りをしていきます。

人間は走る時に全身の筋肉を使って前に進むのですが、『24時間テレビ』の場合は24時間以上に渡って体を動かすことになるので、それに耐えられる基礎筋力を付けるために筋トレもします。筋トレは上手にやればしなやかな薄い筋肉が付くので、スタイルを維持してくれる筋肉になります。マラソン選手が皆さん細身なのがその証拠。二の腕の肩から肘のあたりなんてすごく細くなるので女性にもおすすめです。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄