ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

ジョギング

2017.02.25

第203話 ジョギング

ゲストコメント
筑波大学 体育系 教授 白木仁さん「はじめてのジョギングで大切なことは」
筑波大学 体育系 教授 白木仁さん
ジョギングは時速10kmでもちょっと速いくらいかもしれません。歩くスピードが時速4kmくらいなので、それよりもほんの少し速いだけで十分です。心拍数でいえば120〜130。心拍数は親指の付け根や首の頸動脈に指を当てて15秒間の脈を数えて4倍すれば簡単に分かります。最近は心拍数を測る機能がついた腕時計もありますね。

ジョギングをしばらく続けて上手くなると、同じスピードで走っても心拍数が上がらなくなってきます。それで皆さん、だんだん速いスピードで走るようになっていくんです。だから最初は10分くらいのジョギングで構いません。あまり気合いを入れて走ると三日坊主になってしまいます。まずは走ることに慣れるところから始めましょう。

週に3回も走れたら良いのですが、働いている方は難しいでしょうから、土日の時間が取れる時に走るのが良いと思います。朝早くとか夜遅くに走っている方もいらっしゃいますが、できれば夜は避けて下さい。動いて血量が上がると交感神経が働いて興奮した状態になります。それではなかなか眠れないので、最初は土日の日中、気持ちの良い時に走ってみましょう。

ジョギング用の靴を買ったり、ファッションから入るのも良いと思います。ジョギング用の靴は良いモノの方がきちんと作られているので怪我をしにくいんです。ですから最初からちょっと奮発して良い靴を買ってみてはいかがでしょうか。最初は靴底が分厚くてクッションのある靴の方が膝やかかとを痛めにくくて良いと思います。慣れてくるとだんだん靴底の薄い靴を選びたくなりますが。

靴を履くときは、紐を緩めて足を靴の中に入れたら、かかとでトントントンと軽く地面を3回叩いて下さい。そうすると靴とかかとがフィットするので、その位置で紐を縛ります。紐を縛るときは指の方をあまり強くしないで、足首側をしっかりと締めます。足の指は動かせるくらいの方が指を痛めません。つま先も5mmくらい隙間があった方が良いです。

靴はまずかかとがしっかりしているモノを選びましょう。良い靴はかかとにヒールカウンターというブラスチックが付いていて、ピタッとかかとがはまるので走っている最中にグラグラしないんです。それからかかとの靴底が厚めで、足の指が曲げられるくらいの靴が理想です。ランニングの専門家が足型を選んでくれるショップもありますので、そういうところもぜひ利用して下さい。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄