ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

変化球

2017.03.11

第205話 変化球

ゲストコメント
理化学研究所 情報基盤センター長、工学博士 姫野龍太郎さん「解析できない魔球を投げる人がいました」
理化学研究所 情報基盤センター長、工学博士 姫野龍太郎さん
私は福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督が横浜でまだ現役だった時に「もう少し現役を続けるために何かできませんか」と相談を受けたことがあります。そこでモーションキャプチャーで工藤さんの投球フォームを解析して、改良の余地がないか調べたんです。ところが工藤さんのフォームは非常に効率的で無駄がない。「残念ながら改良の余地がないので、球種を増やすのが手っ取り早いのでは……」と言うしかありませんでした。

工藤さんのフォームを調べてもうひとつ分かったのが、工藤さんは直球を10球投げると、すべて同じ速度、回転軸、回転数の球を投げるということです。これはコントロールが正確である反面、打者から見れば同じ軌道なので打ちやすい部分があるかもしれないと思いました。もちろん打ちにくいコースを正確に狙ったり、ボール1個分の出し入れをすることはとても高度な技術。その裏返しなので難しい部分ではありますが。

変化球の研究をする中で興味深かったのは、昨年引退した広島の黒田博樹投手です。黒田投手のボールは見たことがない変化で、どんな回転をしているんだろうと不思議に思うほどでした。黒田投手は大リーグで長く活躍していたこともあり、1球ごとに球筋が違うムービングボールを得意としています。それがストライクゾーンの右端の奥とか、手前側の下をかすめるとか、ものすごく打ちにくい場所に決まるんです。しかもまるでスライダーのような投げ方なのに、反対のシュート方向に変化したりするのが不思議で仕方ありませんでした。

黒田さんが引退されたので、その秘密を教えていただける機会があったらとても嬉しく思います。映像で「こういう回転をしているからこういう変化球になる」ということは分かりますが、「どうやって投げるのか」はご本人に聞いてみないと分かりませんから。でもこれから黒田さんが若い選手に教えて、そのボールを受け継ぐ投手が出てくるかもしれないのも楽しみですね。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄