ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : グルメ

2017.08.05

第226話 酢

ゲストコメント
料理研究家 夏梅美智子さん「酢を使って簡単でおいしい料理を!」
料理研究家 夏梅美智子さん
── 酢をおいしくいただくコツってありますか?

手軽に酢を召し上がるのでしたら、何かを食べる時、最後にサラッと酢をかけてみてはいかがでしょうか。ウチでは納豆を混ぜる時に酢をちょっとだけ入れます。すごく泡々でトロトロになって、納豆の匂いも少し和らぎますよ。小さなパックの納豆に小さじ半分くらいの酢なら、味では分からないと思います。

温かいご飯をサラダ・ドレッシングであえるライスサラダという手もあります。温かいご飯だと味が染みこみやすく、酸味も少し飛ぶのでちょうどいいんです。キュウリやトマトなどの夏野菜、それにスモークサーモンやハムなどをのせてサラッと食べられます。

── ご飯にドレッシングが合うって意外です!

麺つゆに酢をちょっと入れてもおいしいですよ。よく薬味として梅干しを入れたりしますが、そのかわりに酢を使う感じですね。すごくさっぱりとして食べやすくなります。1日に酢を大さじ1〜2杯くらい摂るとすごく健康に良いと言われているので、こんな形で酢を摂ってはいかがでしょうか。

酸っぱさは入れる酢の量で加減して欲しいのですが、もし入れすぎたと思ったらごま油を入れてみて下さい。マイルドになって酸っぱさを感じにくくなりますから。麺つゆに酢とごま油を入れると、いつもと違う風味がお愉しみいただけます。

── 酢を調理で使うならどういう形になるのでしょうか?

お肉を煮るときに酢を使うと、肉が柔らかくなってマイルドに仕上がります。たとえば鶏の手羽先や手羽元の甘酢醤油煮は、酢を大さじ3、醤油も大さじ3、きび砂糖(なければ普通の砂糖)は大さじ2、そして具の表面がちょっと出るくらいの出汁を加え、汁がほとんどなくなるまで煮込みます。ゆで卵やニンジンやゴボウなどの根菜を一緒に煮ても良いでしょう。加熱することによって酸味が飛んでうま味だけが残るので、酢が苦手な人でも大丈夫です。

BBQでスペアリブを焼く時も、酢に漬けてから焼けば柔らかくなります。小さなスペアリブ6〜8本なら、玉ねぎ1/4個とニンニク1欠片をすりおろして、大さじ2杯の醤油と大さじ3杯の酢、塩少々を加え、1晩ほど漬けておきます。そのまま持っていって焼いてもいいですし、家で水1〜2カップを足して煮てから持っていけば、現地では温めて焼き色をつけるだけで食べられるのでとても楽です。さらに漬けている間に骨のカルシウムが酢に溶け出す栄養効果も期待できます。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄