ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : アウトドア , カルチャー

秋の虫

2017.09.23

第233話 秋の虫

ゲストコメント
東京農工大学農学部 名誉教授 岩淵喜久男さん「秋の鳴く虫を探しに行こう!」
ポッドキャストを聴く
東京農工大学農学部 名誉教授 岩淵喜久男さん
── 秋に鳴く虫はどんな種類なんですか?

コオロギもスズムシもクツワムシもバッタ目(直翅目とも)の昆虫です。その名の通りバッタの仲間で、トノサマバッタもオンブバッタも同じ仲間に分類されます。ですからバッタにもキチキチバッタ(ショウリョウバッタ)のように鳴く虫もいますよ。キチキチバッタは普段は大人しいのですが、飛ぶときに鳴いて逃げていきます。

秋の虫が鳴くのは基本的に求愛行動で、オスがメスを呼ぶために鳴きます。まれにメスが鳴く虫もいますが、多くの場合、鳴いているのはオスです。そして鳴くのは夜。秋が深まって気温が下がってくると昼に鳴くこともありますが、暑いと鳴かないんです。昼に鳴かないのは鳥やトカゲに見つからないためなどと考えられています。

── 求愛行動で鳴いているということは、虫にも耳があるんですね

はい。種によって違いますが、胸の横や足に耳が付いています。バッタだと胸の横、羽の下あたりです。その羽で音を出しているわけですから、ずいぶんやかましいだろうと思うのですが(笑)。人間の感覚だと耳は顔についているものですが、昆虫で顔に耳があるケースはありません。

都心で聞こえてくる虫の声はエンマコオロギミツカドコオロギが多いと思います。それから木の上にアオマツムシ。アオマツムシはちょっとゴキブリっぽい形なんですが鮮やかな緑色がキレイな虫で、都心にもたくさんいます。コオロギと鳴き声が似ているので、慣れないと区別がつきにくいかもしれませんね。

── 地域によって鳴く虫の種類が違ったりもしますか?

東京にいる鳴く虫は本州ならだいたいどこにでもいますね。しかし北海道や沖縄などへ行くとけっこう違う種類もいます。そして海外に行くと、鳴く虫がいても日本のように愛でる習慣がなく、ただの雑音として扱われます。そうなると風の音と同じで、聞こえてもうるさいと感じるか意識しないかです。

町田市の野津田公園はいろんな昆虫がいる場所で、代表的な鳴く虫は全部揃っています。そういう場所へ行って虫の声を聞こうと思ったら、ランタン懐中電灯を持って行きましょう。足もとを照らしたり、虫を見つけて種類を確かめるのに役立ちます。ランタンくらいの明るさだったら逃げたりしません。コオロギとスズムシは地面の上、マツムシ、カンタン、クツワムシは草の上にいます。羽を震わせて鳴いている姿を実際に見るとなかなか感動的ですよ。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄