ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

フリークライミング

2013.09.21

第25話 フリークライミング

ゲストコメント
女優 濱田マリさん「ジムで手軽にボルダリング!」
女優 濱田マリさん
壁をよじ登る「フリークライミング」もいろいろ。その中で「ボルダリング」はロープを使わずに登るフリークライミング。高くても4m程度なので、命綱がなくても大丈夫。私はジムの室内で、カラフルな石が埋め込まれた壁を登っている。

壁に埋め込まれた石を「ホールド」と呼ぶ。ホールドのすぐ脇には色テープが貼ってあって、この色テープがコースの目印。コースに沿って、目印の付けられたホールドのみを使って登っていく。ただし足に関しては、壁のホールドをすべて使って良い「足自由課題」と、足も目印のあるホールドだけしか使わない「手足限定課題」がある。

可愛らしいピンクのテープは初心者向けの「10級」。このコースは「ハシゴが登れればゴールできる」というレベルで、初めての人にはめっちゃ楽しい。ハシゴの上に登った時の「ヤッホー!」という感覚を味わえるし、自分で壁をよじ登ってゴールのホールドを取った時の達成感は最高。

大人になると一生懸命に仕事をしても、何が正解で何が不正解か分からないことが沢山ある。今の私が何点なのかもすごく曖昧。釈然としないことが多い中、ボルダリングをやっている時だけは、ゴールのホールドを取れたら100点。この完璧な達成感は、他ではなかなか得られない。

実は意外とスレンダーで小さなお嬢さんの方がヒョイヒョイと登れてしまったりする。これはボルダリングが頭と体を両方使うスポーツだから。まず登る前に「あのホールドを右手で取って、その次を左手で……」と先々までイメージする。そして登り始めたらバランス感覚、柔軟性、筋力、保持力が問われる。ボールペンのような細長いホールドや、小さな穴のホールドに指先を引っかけるので、指先の保持力がすごく重要。

たとえて言えば、私はスキューバダイビングで機材を使って深くまで潜るよりも、自分の力だけでやる素潜りの方が好み。だからロープを使って高いところまで登るより、体ひとつで登るボルダリングが好き。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄