ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : 旅・観光

アメ横

2017.12.02

第243話 アメ横

ゲストコメント
シンイチの「ぶらりアメ横 買い物の旅」
 シンイチの
『散歩の達人』編集長の土屋広道さんに案内してもらって、アメ横を散歩することになったシンイチ君。かなり変わっていることで知られるユニークな商店街で、シンイチ君はどんなお店と巡り会うのでしょうか。

■ チョコレートのたたき売り「志村商店」にて

「はい、どうぞいらっしゃい! いれますよ、いれますよ、オマケだよ! テレビを観た方、手を挙げて。ラジオを聴いた方、手を挙げて。生キャラメルチョコも入れちゃう! 血液サラサラの70チョコも2個入れちゃおう! 年末だからもう1個入れちゃえ、オマケだ〜! え〜い、特別だよ、もう1個! 消費税もサービスで1000円! 楽に2000円分は入ってますから半額以下です、年の瀬だから!」

ハナカワ
■ インポートのセレクトショップ「ハナカワ」にて

「私はここの二代目の花川と申します。この店は先代が昭和21年、戦後の闇市の時代から飴屋として始めました。そして40年くらい前からアメカジのお店になって、今は大人向けのカジュアルなインポートものを中心に取り扱っています。無地のTシャツなども昔から扱っているのですが、当時はTシャツといえばプリントものばかりで、無地はあまりなかったんですよ。」

■ ミリタリーショップ「中田商店」にて

「ここは創業60年くらいのアメ横でもかなり昔からやっているお店で、米軍からの払い下げ品を取り扱ったのが最初でした。去年はMA-1のようなフライトジャンパーが流行りましたが、今年は寒いせいかN-3Bなんかがよく出ています。アメリカは防寒具にすごくお金を使う文化があるので、良いモノが多いですね。」

マルイ商店
■ 万年筆専門店「マルイ商店」にて

「この店は戦後の闇市の時代からやっているので、そろそろ70年だと思います。その頃は進駐軍から横流しされた万年筆が高級品としてよく売れたんですが、闇市ですから入ってきたものは何でも売っていました。テレビやラジオ、食べ物、石けん……物があれば何でも売れた時代だったそうです。最近は若い人でも万年筆を使ってみたいという方が増えていますね。いきなり何万円という万年筆は大変だと思うので、1万円しないくらいの書きやすい万年筆を使っていただいて、ぜひその魅力に触れて下さい。」
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄