ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

AR

2017.12.09

第244話 AR

ゲストコメント
AR三兄弟 川田十夢さん「ARでこんなことが実現しています!」
ポッドキャストを聴く
AR三兄弟 川田十夢さん
── ARってどういう技術なんですか?

ARは「Augmented Reality(拡張現実)」の略で、現実世界を舞台にゲームなどのデータをレイアウトしていくイメージですね。その基本になるのがカメラの認識技術です。スマホのカメラで撮った写真の輪郭を検出して「これはコップである」みたいなことを認識し、その空のコップにコーヒーが入ってるような表現をする。これが初歩的なARです。

テーブルを認識できれば、その上に何かを置くのもARで表現できます。「小さな妖精がテーブルの上に現れた」なんて昔はただの不思議な人の話でしかありませんでしたが、それを画像として保存してSNSでシェアできたりするのがARのすごいところです。

── 具体的に川田さんはARでどんなことをやってきたんですか?

たとえば東京のどこかを歩いていて「この辺って昔はどうなっていたんだろう?」と思った時に、時間軸をさかのぼってその場所にかつてあった建物を再現する……みたいなことをやりました。普及度の都合でスマホを利用することが多いのですが、プロジェクションマッピングや街頭モニタを使っても良いと思います。

人間の五感を拡張して感じさせるのがARなので、視覚に限りません。ラジオだって聴覚の拡張で、聴覚越しにいろんな場所へ行けたり時間をさかのぼったりできるのは、まさにAR的な体験です。それから風が吹くとチリンと鳴る風鈴は風を音に変換していますし、本来は無臭のガスに臭いを付けて漏れたときに知覚できるようにするのもある種の拡張現実。そんな拡張をテクノロジーで実現するのがARです。

── とはいえARと言えば今はやっぱりスマホですよね

そうですね。最近のスマホはカメラが二眼(ステレオ/デュアル)になっていて、三角測量の要領で対象との距離をだいたい測ることができます。それで「このスペースにあの家具が入るだろうか」「モデルさんは背が高いって聞くけど実際はどれくらいなんだろう」なんて実物大の世界を体験することが可能になりました。

僕が作ったものでしたら、実寸大のファッションモデルが最新の服を着て登場するアプリがあります。「この服いいな」と思ったら説明を読めますし、回り込んでどう着こなしているかを確認したり、一緒に写真を撮ったりできます。今の技術なら現実の照明環境をアプリ内の3Dモデルに反映できるので、ほとんどSF映画の世界ですね。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄