ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : アウトドア , スポーツ

スキー板

2018.01.20

第250話 スキー板

ゲストコメント
元冬季五輪アルペンスキー日本代表 皆川賢太郎さん「20世紀末に起こったスキーの革命」
ポッドキャストを聴く
元冬季五輪アルペンスキー日本代表 皆川賢太郎さん
── スキー板は競技用と一般用では違うんですか?

今は見た目は同じですよね。身長よりも少し短い160cmくらいのスキーが主流です。でも中身は違います。たとえばフリースタイルのスキーで時速100kmなんてスピードを出す機会はありません。それに僕が出ていたようなレースは雪というより氷のコース。競技用はそこで速く滑るための工夫が凝らされています。

氷というのは比喩じゃなくて、本当にアイススケートのリンクが斜めになっているようなコースです。テレビで観ると雪に見えますが、音をよく聴いてみて下さい。雪の上とは違う、氷を削るガリガリという音がしています。平昌五輪の中継でぜひ注意して聴いてみて下さい。

── 氷の斜面を滑るためのスキー板ってどんなものなんですか?

一般向けのスキー板よりはかなり硬めですね。スキー板はメタルやウッドなどの素材が地層のように何層も重なっているのですが、どんな素材をどんな風に組み合わせるかで滑り心地がまったく変わってきます。新製品は僕たちトップ選手が最初にテストをして「これなら一般向けにも下ろせる」と評価されたものが販売されています。

スキー板の特徴はメーカーによって様々です。さらにトップ選手によるテストでは調整を担当するメカニックもいるので、自動車レースのテスト走行に似ていますね。そうやって新しいアイデアをいろいろ試しながら新しいスキー板は開発されています。

── どんなスキーが開発されているのですか?

昔は2mの競技用スキーを履くことがステータスでした。長いと扱いにくいけど、使いこなす技量があるという見栄ですね。しかし1998年から165cmという革命的に短いスキーのテストが始まります。これは斜面を滑り降りる「落下」を、長いスキーの抵抗で止めてコントロールするのではなく、抵抗なくスムーズに曲がろうという発想の転換でした。こうして生まれたのがカービングスキーです。

僕もそのテストに参加したのですが、実はトップ選手は技術があるのでもともとスムーズに曲がれます。つまりカービングスキーの開発はトップ選手向けではなく一般スキーヤー向けだったんです。それで当初は競技では誰も使いませんでした。ところが僕を含む3人が競技で使ったら、ずば抜けて速くなってしまったんです。それで翌年にはもう9割がカービングスキーになりました。いまやそれが当たり前になってしまい、カービングスキーという言葉が使われなくなってしまったほどスタンダードになっています。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄