ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

アメリカンフットボール

2018.02.03

第252話 アメリカンフットボール

ゲストコメント
ブリリアン(with B) コージさん「アメリカンフットボールは騙し合い!」
ポッドキャストを聴く
ブリリアン(with B) コージさん
── 学生時代はアメリカンフットボール部に?

はい、僕は高校と大学で合わせて7年間、アメリカンフットボール部でディフェンスをやっていました(※2009年に法政大学アメリカンフットボール部の主将として大学日本一決定戦「甲子園ボウル」に出場)。

アメリカンフットボールを知らない方に教える時は「ラグビーはサッカーっぽくて、アメリカンフットボールは野球っぽい」というたとえ方します。サッカーはボールを奪い合いながら相手ゴールを目指します。それに対して野球は攻撃するチームと守備をするチームが決まっていて、3アウトで攻守が入れ替わる。アメリカンフットボールは野球に近くて、4アウトでチェンジだと考えて下さい。

── 1チームは何人いるんでしょう?

フィールドに出る選手は11人です。ただし大学以上のレベルになるとオフェンスとディフェンスでメンバーを完全に入れ替えるので22人という数え方もできます。入れ替えなのでオフェンスとディフェンスの選手が試合中に会話する機会はほとんどありません。この辺もちょっと珍しいですね。

攻撃側がボールを持ったまま相手のゴールラインまで辿り着けば得点で、そこはラグビーとそれほど変わりません。試合を見る時はどちらが攻撃していて、どこに辿り着けば得点なのか、それだけ分かれば十分です。細かいルールは分からなくても楽しめます。

── アメリカンフットボールの見どころはどの辺でしょう?

肉体のぶつかり合いもそうですが、もうひとつの魅力が「騙し合い」です。アメリカンフットボールでは誰がボールを持っているかを相手に気付かれないようにするのが大原則。実際、僕も現役だった頃、ボールがどこにあるのかまったく分からないままプレーしていました。それでも自分の役割を果たせば良いんです。

季節的には秋冬です。夏場の練習ではスポンジ状の防具が汗を吸って3倍くらいの重さになります。ヘルメットで顔が隠れるのも永遠の悩みですね。ラグビーの五郎丸さんみたいに顔で認識できないので、応援も背番号で「○○番がんばれー!」になりがちです。

プレーを始める前にはチームで集まってハドル(作戦会議)をするのですが、その時の掛け声が「トゥース!」です。オードリー春日さんのギャグですっかり有名ですが、もともとアメリカンフットボールでは普通に使っていた掛け声なんです。それが最近はギャグをやっているみたいで微妙に恥ずかしくなっています。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄