ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

テニス

2013.10.05

第27話 テニス

ゲストコメント
元プロテニス選手 杉山愛さん「プロテニスの世界の凄さと厳しさ」
ポッドキャストを聴く
元プロテニス選手 杉山愛さん
プロテニスの賞金はすごいですよ。世界的な不況と言われる中でもテニスの賞金だけはどんどん膨れあがっていきました。先日の全米オープンなら優勝賞金は2億6000万円。グランドスラムと呼ばれる全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、全米オープンは、それぞれが「ウチが一番」と競い合って、運営や賞金、待遇などをどんどん良くしています。選手にとっては良い環境が整ってありがたい限りです。

私が引退した4年前の賞金は今の半分でした。もっと昔の話をすれば、ビリー・ジーン・キング(通称:キング夫人)が現れる前は賞金の無い時代もありましたし、男女の賞金格差が大きかった時期も長かったですね。男女の賞金が同額になったのなんて、つい10年くらい前の話です。ビリー・ジーン・キングが選手として活躍したのは40年くらい前ですが、彼女がパイオニアとして女子プロテニスの世界を切り開いてくれたことによって、私たちもテニス選手として食べられるようになりました。

四大大会は1回戦に出場しただけでもすごい賞金がもらえます。私が初めて出場した時は約100万円でした。それが今は350万円くらい。ただし世界ランキング100位くらいには入らないと出場できません。世界ランキングを持っている人だけでも1300人以上いるので、本当に狭き門です。

ツアーは過酷な世界なので、コーチやトレーナーの助けが必要になります。その経費はすべて選手持ち。強くなって上に行けば賞金で賄えますが、最初はお金の工面も大変です。そして他の選手と声を掛け合って、一緒に練習したり食事したりしながら仲良くやっていかないと、世界中を飛び回るツアーは辛くなります。

私はダブルスのパートナーを選ぶ時に、テニスの技術的な要素よりも性格的に合うかどうかを重視しました。そのために選手や関係者向けのレストランやラウンジで、話の合う人を見つけて声を掛けたりしたんです。基本的にテニスは、五輪や国別対抗戦を除けば個人競技なので、国籍は関係ありません。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄