ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

小鳥

2018.03.10

第257話 小鳥

ゲストコメント
元WBC世界ライト級チャンピオン、俳優 ガッツ石松さん「小鳥がいればOK牧場!」
ポッドキャストを聴く
元WBC世界ライト級チャンピオン、俳優 ガッツ石松さん
── 失礼ですがガッツさんが小鳥好きって意外でした

私は栃木の寒村で生まれ育ったので、物心が付いた頃から野生の小鳥が身の回りにたくさんいました。だから好きというよりは仲間意識でしたね。しかも悪ガキだったので、人間不信だったんです。でも小動物は言葉こそ喋れなくても、愛情をもって接すれば必ず応えてくれます。だから小鳥たちは親友を越える心友でした。

それで昔からセキセイインコや九官鳥やメジロなど、いろんな小鳥を飼ってきました。今は家の屋上でスズメやヒヨドリやハトに餌をやっています。私が屋上へ行くとスズメが30〜40羽、ヒヨドリが5〜6羽、それからどこかの飼い鳩っぽいハトがおやつをつつきにやってきますよ。

── 野生のハトと飼い鳩って区別が付くんですか?

普通の人には分かりづらいと思いますが、私は見た目で分かります。餌をやろうとしているのはスズメなので、オモチャの鉄砲に弾を入れず空気の発射音だけさせて飼い鳩にはお引き取り願うのですが、スズメも驚いて逃げてしまうので、その辺の間合いが難しいところです。

ちなみに「鳥」という漢字の上半分がなのは、鳥にはどこかしら白い部分があるからだそうです。ところが烏(カラス)は真っ黒なので、白ではないという意味で真ん中の棒を取ってしまったんだとか。鳥が好きだとこんな雑学も耳に入ってきます。

── 小鳥の魅力ってどの辺にあるのでしょうか?

小鳥に限らず、生き物はまず好きにならないとその魅力が分かりづらい部分があるかもしれません。たとえば小鳥は目の前にある餌をすぐに取らずに、周りをあちこち探してから最終的に食べにきたりします。亀を飼っていたこともあるのですが、亀は「よく噛んで食べろよ」と言っても「かめへん」と言って噛まずに飲み込むんです。そんな仕草に気付くとさらに可愛くなっていきます。

ウチの屋上に来るスズメもよく観察すると、ヒヨドリやハトと一緒にお米をつついていても、他の鳥とは喧嘩しません。ところが違う群れのスズメが自分たちが食べている場所に来ると、羽で威嚇するんです。そこで私はちょっと間隔をあけて餌をあげています。そうすれば喧嘩になりませんから。そんなところも可愛いですね。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄