ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : アウトドア

トレッキング

2013.10.12

第28話 トレッキング

ゲストコメント
石井スポーツ 登山学校 講師 天野和明さん「トレッキングの最新グッズ」
石井スポーツ 登山学校 講師 天野和明さん
5〜6年前から女性や若い人が多く山へ来るようになって、山スカートやカラフルなアイテムが増えました。昔は「山でスカート」なんて発想はなかったのですが、女性はお洒落も愉しみたいということで山スカートが流行り、今ではすっかり定着しています。山スカートと言ってもさすがに素足は無理なので、スパッツと併せて履きますが。そういったファッションはやっぱり女性が引っ張っていますね。お洒落をする女性が増え、それを追いかけるようにお洒落にこだわる男性も増えています。

昔から「登山三種の神器」と呼ばれるのはレインウェア、靴、ザック。さらに最近は初心者向けの「新・三種の神器」があります。まずはサポート機能が付いたタイツ。膝に故障がなくても楽に感じるし、足運びが安定します。次にトレッキングポール。まさに転ばぬ先の杖で、滑りやすい場所や道の悪い場所でバランスを取るのに便利です。そして3つめがハイドレーション。これは長いストローのついた水筒で、リュックの中にタンクを入れておけば、歩きながら水分補給ができます。最近のリュックはほとんどにハイドレーションのホースを出す穴が付いているほど便利です。

登山靴は足に合っているモノを選ぶのが基本です。必ずお店で試し履きをして欲しいのですが、お店で30分も履いて大丈夫だったとしても、山で何時間も歩くと痛くなってしまうこともあります。選ぶコツがあるとしたら、お店の人に相談する時に「どういう登山をするつもりなのか」のイメージを持っておくことです。1つの靴で低山から高山まですべてこなすのは厳しいので、何をしたいかを決めておくとお店の人も選びやすいでしょう。

高尾山くらいの低い山だと森の中なので、道は基本的に土です。でも高い山になると岩の上を歩くことが多くなります。そこで低山用の靴は軽くて底が柔らかめに作られているんです。でもその靴で岩の上をずっと歩くと足の裏が疲れるし、バランスも取りづらい。だから高山用の靴は革を使った頑丈な作りで、足底も硬く作られています。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄