ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : アウトドア , カルチャー

凧揚げ

2018.05.12

第266話 凧揚げ

ゲストコメント
スポーツカイトチーム「TEAM air-rex」 窪田孝嗣さん「スポーツカイトは自在に操れる凧です」
スポーツカイトチーム「TEAM air-rex」 窪田孝嗣さん
── スポーツカイトってどんな凧なんですか?

一般的な凧は人間が走って風を作りだして揚げるものですが、スポーツカイトは今ある風をうまく読んで飛ばします。2本以上の糸を両手で操ることで自分の思うように動かせるので、その特徴を活かして競技も行われています。

競技は個人、ペア、チームがありますが、種目としては「バレエ」は音楽に合わせて演技をします。空のシンクロナイズドスイミングのような感じですね。「規定」は主催者が決めた動きを正確に再現する種目。いずれにせよ演技のスポーツです。

スポーツカイトの素材にはリップストップポリエステルが使われています。これはウィンドブレーカーなどにも採用されていますが、軽くて薄くて風を通さない素材です。そして遠目には平らに見えますが、実はけっこう立体的な形をしています。それを操ることで風をうまく取り込んだり逃がしたりして、自在に動かせるようになっています。

── 凧を自在に動かせるってすごいですね!どんな仕組みなんですか?

2本の糸(デュアルライン)で操るカイトは三角形が主流です。4本の糸(クワッドライン)で操るカイトの場合、手元は棒の両端に糸が付いていて、その棒を両手で持つので計4本なんですが、こちらはカイトが蝶ネクタイのような形をしています。4本の糸で操ることによってその場にじっと留まらせたり、横にスライドさせたり、自在に動かせます。

デュアルラインだと、カイトが受ける風の強さを調整するために、自分が走ったりもします。極端な話、3mの風が後ろから吹いているとしたら、自分も風と同じ方向に同じスピードで走れば、風がないのと同じですよね。バレエが5分くらいの演技なんですが、そんな感じで動き回るので、演技が終わる頃にはヘトヘトになります。

最近は凧を平和の象徴として揚げるケースも増えています。災害に見舞われたりテロがあった時に、慰霊の日に世界中で凧を揚げて、SNSで共有するんです。凧を揚げて顔を空に向けると、気持ちも安らぐのでしょう。そんな側面からオリンピックの開会式やテーマパークのショーでも凧が採用されています。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄