ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

幕末

2018.05.19

第267話 幕末

ゲストコメント
東京学芸大学 教授 大石学さん「西郷隆盛はこんな人でした(その2)」
東京学芸大学 教授 大石学さん
── 入水自殺からの生還後、西郷隆盛はどうなりますか?

表向きは死んだことにされて、名前を変えて島流しになります。ちょうど大河ドラマでも島での流人生活が始まったところですが、その間に桜田門外の変が起こって井伊直弼が暗殺され、激動の時代に突入します。西郷はそれを遠い島から眺める傍観者という立場ですね。

西郷本人はやきもきしていたでしょうし、いつでも帰るつもりはあったでしょう。でも島から出られなかったので、クールに歴史を見る立場になっていました。後で表舞台に復帰しますが、この期間にいろいろ考えながら静かに過ごせたのは、ひとつのステップとして大きかったと思います。

── 西郷はどうやって復帰したんですか?

大久保たちが一生懸命に西郷復活の運動をして、島津久光の了解を得て西郷は表舞台に帰ってきます。当初は幕府に対して死んだことにした手前もありましたが、対立が深刻になって遠慮がなくなったという部分もあるでしょう。まあ、家族や友人は生きていることを知っていましたから、そこら辺は周囲が上手く庇ったんだと思います。

ただ、大久保利通は幼い頃から西郷を慕っていましたが、ある段階から二人の間に距離が生まれます。江戸や京都で大活躍した西郷に対し、大久保はずっと薩摩で久光の側にいました。さらに西郷を引っ張り上げた斉彬が江戸育ちだったのに対して、大久保の久光は薩摩育ち。そのあたりの微妙な人間関係も影響があったでしょう。

── 結末は分かっていても、今後の展開が気になります!

ちなみに、死んだことにされた西郷とは裏腹に、桜田門外の変で死んだ井伊直弼はしばらく生きていることになっていました。首を取られたなんて彦根藩としても幕府としても恥なので、生きているという形にして病欠の届け出をして、後で「病気が治らず死にました」という体裁にしたんです。井伊直弼が弾圧しようとした西郷と真逆なのが皮肉ですね。

それから西郷は吉之助という名前でしたが、隆盛になったのは明治2年に正三位という位をもらってから。上野の銅像が犬をつれているのは本当に犬が好きだったからなんですが、政府に反逆して戦争を起こした人なのに銅像というのもミラクルですよね。ただし奥さんは完成した銅像を見て「これはウチの旦那じゃない」と言ったそうです。どうも「浴衣で人前に出るような人じゃない」という意味だったみたいですが。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄