ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー , 旅・観光

ホタル

2018.06.23

第272話 ホタル

ゲストコメント
『るるぶ&more.』編集長 竹地里加子さん「ホタルを見るならココがおすすめ!」
『るるぶ&more.』編集長 竹地里加子さん
── ホタルが光り舞う光景を見てみたいのですが

東京近郊でしたら、あきる野市の養沢川はいかがでしょうか。都心からクルマで60分くらいの近さですし、周辺に見どころも多いのですごくおすすめです。これくらい近いと、前日から天気の様子を伺いつつ行くことができるのが良いですね。

養沢川は秋川渓谷と呼ばれるエリアの一角で、日中はキャンプやトレッキングをして、日が暮れたらホタルを眺めるという楽しみ方もできます。ホタルは水が綺麗なところに生息しているので、条件が良ければ川辺を飛ぶゲンジボタルをご覧いただけるでしょう。

── 西日本の方はそろそろホタルが終わる時期でしょうか?

そうですね、西日本は徐々にホタルが見られなくなりつつある時期ですが、長野県あたりなら場所によってはもうしばらく大丈夫だと思います。私のおすすめは上伊那郡辰野町の松尾峡・ほたる童謡公園。ホタルが好きな人の間では有名な公園です。

ほたる童謡公園では、明日、6月24日まで「信州辰野ほたる祭り」を開催しています。駅からホタルが見られる公園へ向かう道中には屋台が並ぶなどして、すごく楽しいですよ。

── 逆に北の方はこれからが最盛期ですか?

はい、これからの時期でしたら北関東から東北がおすすめです。山形県米沢市の小野川温泉は、ゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタルと3種類のホタルが鑑賞できる珍しい場所。しかも、ほたる公園まで温泉街から歩いて行けるので、浴衣でホタルを楽しむことができます。

宮城県登米市の東和町には、国の天然記念物に指定されているゲンジボタルの群生地があります。それくらいたくさんのホタルが生息している場所です。さらに登米市は文化財がすごく多くて、明治時代に建てられた古い小学校や警察署などの建築物も魅力的ですし、名物の油麩を親子丼のように卵でとじた「油麩丼」もぜひ味わってほしいところ。ホタルの時期は7月上旬までなので、今から計画を立てても間に合います。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄