ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

ドラム

2018.08.04

第278話 ドラム

ゲストコメント
「CASIOPEA 3rd」ドラマー 神保彰さん「ドラムのコツは最初は慣れ。それから…」
ポッドキャストを聴く
「CASIOPEA 3rd」ドラマー 神保彰さん
── ドラムでリズムを刻むのって難しそうですが

最初は誰でもぐちゃぐちゃになると思います。やっぱり手と足が一緒に動いちゃうのは仕方ないですね。誰でも最初はそうですから、あまり気にしないことです。でも自転車と同じで、慣れれば意識しなくてもちゃんと別々に動くようになります。

最初に覚えるのは「ドンタン、ドンドンタン」というリズム。ベースドラムとスネアドラムでそのリズムを演奏して、左足で操作する合わせシンバルのハイハットで「チッチッチッチッ」と刻みます。音楽にはいろんなジャンルがありますが、リズムはけっこう共通なので、誰もが最初にやるリズムパターンがこれです。

── ドラムの技術や流行も時代によって変わりますか?

ものすごく変わります。最近なら打ち込みのビートに生のドラマーが影響されるというおもしろい現象が起きていますね。昔は打ち込みで生のドラマーを再現しようとしていたんですが、マシンが進歩して人間ができないことをやるようになり、人間では不可能なビートが生まれました。今度はそれを生のドラマーが「やってやろう」と挑戦しているんです。それによってさらに新しいベクトルも生まれています。

人がやっているか機械がやっているかは聴けばすぐに分かります。人肌の感覚は必ず伝わってくるんです。最近、打ち込みの技術が凄く進歩して、すごく人間っぽく打ち込めるようにはなっていますが、やっぱりどこかで分かります。

── 神保さんでもまだまだ新しい技術を学んだり挑戦したりするんですか?

最近は技術レベルがすごく上がっています。単純なフィジカルひとつ取っても、ひとつ打ちのスピードがとんでもないレベルになっていて、来年還暦の僕がやろうとすると体を壊してしまいそうです。だから自分が持っているモノで新しいビートの感覚を自分なりに吸収していければ良いなと考えています。

実はドラムはリラックスして叩くモノで、思いっきり叩くと音が潰れてしまいます。動きは大きく見えますが、叩く瞬間は脱力していることが大事です。僕も若い頃は力任せに叩いていましたが、年をとったら自分がドラムを鳴らすんじゃなくてドラムに鳴ってもらう意識になりました。その方がドラムもふくよかに鳴ってくれます。それに力が入って興奮するとリズムがどんどん早くなってしまいますし、どこかでクールな部分があった方が上手くいくケースが多いと思います。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄