ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

春スキー

2013.04.20

第3話 春スキー

ゲストコメント
ICI石井スポーツ 横田政暁さん「最新スキー事情」
ICI石井スポーツ 横田政暁さん
ここ10年くらい、リフトのない山の中を歩いて上り、誰も滑っていない場所を滑る「バックカントリー」が人気。ただし山の中を歩くので、知識が豊富じゃないと危険。そこで実際問題としてはガイドさんをお願いして、案内をしてくれる人と山の中に入ることになる。

最近はバックカントリーをもう少し簡単にした「サイドカントリー」もある。リフトで上り、リフト際のちょっとした林の中や、誰も滑っていない新雪を滑るのがサイドカントリー。そうやってちょっとしたバックカントリー気分を手軽に楽しめるスキー場もどんどん増えている。

新雪の上を滑るのは、雪の上を滑るというよりは、雲の上を滑るような感覚。粉雪の新雪の上を滑ると、まるで空中に浮いているような感じがする。だから一度体験してしまうとやみつきで、次から次へいい雪を求めてあちこちを巡る人が多い。

道具もずいぶん進化した。今は軽くて短くて楽にターンができる、まるでシャモジのような形をカービングスキーが主流。さらに最近は「カービングロッカースキー」という新しいスキーも登場している。スキーがロッカーチェアの足のように反っているので接地面積が短くターンしやすい。初心者でも上達が早いということですごく注目を集めている。

スキーブーツも昔より軽くなり、歩きやすい「ウォークモード」が搭載されたタイプも出ている。スキーブーツは足首が前傾しているのが普通。その前傾を解除して直立できるようにするのがウォークモード。もともとはバックカントリーを歩いて上る時のために作られたけど、宿からスキー場まで歩いて行く時もウォークモードがあるとすごく楽。

最近は安全のためにヘルメットを被るのも普及しつつある。まだ日本では10%くらいだけど、欧米では80%以上の普及率なので、じきに日本でも定着すると思う。今のヘルメットはすごく軽くなっているので、試してみたら抵抗はないはず。
公式サイト:http://ici-sports.com/
公式Twitter:https://twitter.com/ISGgreen
GWニューモデル試乗会のお知らせ:http://www.nozawaski.com/...
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄