ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

春スキー

2013.04.20

第3話 春スキー

ゲストコメント
スロープスタイル ワールドカップ日本代表 高尾千穂さん「スロープスタイルとは」
スロープスタイル ワールドカップ日本代表 高尾千穂さん
スロープスタイルは2014年のソチ五輪で正式種目に決まった人気急上昇中のスキー。ジャンプ台や階段の手すりのようなものが設けられたコースで技を披露して、その難易度や完成度を競う。私もこの種目でソチ五輪出場を目指してワールドカップを転戦している。

スロープスタイルはすごく自由度が高いので、同じコースでも技の組み合わせは無限にある。その創造性を競う種目と言ってもいい。コースによってジャンプ台が先だったり、手すりが先に来たり、配置は様々なので、自分の持ち技を常に100%使えるとは限らないのが難しいところ。だから技の種類や組み立ての総合力が問われる。

私は技の種類が10個くらい。さらに「グラブ」と言ってジャンプしながらスキーを手で掴む時に、掴む場所を変えて技を変化させたりできる。掴む場所によって見栄えがかなり違うし、難易度も全然違う。たとえば「テールグラブ」と言って、体の後ろに手を持っていってスキーを掴むのは難しい。

私は今シーズンの終了時でW杯ランキング8位で、日本人としては一番の成績だった。でも実はこの種目は日本人がけっこう強くて、大会ごとに一桁台の選手も出ているし、国別ポイントもかなり上位。だから私もまだまだ頑張らないと。

スロープスタイルという競技名になったのはつい最近。10年以上前からそういうスタイルのスキーはあったけど、W杯の種目として採用されたのは2年前だった。私は大学からスキーを始めた人間で、最初からこのスロープスタイルがやりたかった。一般的にはスキーをやっていて、その延長でジャンプなんかに挑戦するので、私のような「最初からスロープスタイル」という人はすごく珍しいと思う。最初は普通の滑り方も覚えながらだから、ボーゲンでジャンプ台に入った。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄