ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : アウトドア

ハードキャンプ

2018.10.13

第288話 ハードキャンプ

ゲストコメント
お笑いコンビ「バイきんぐ」 西村瑞樹さん「短いキャンプ歴でもハードに楽しめます!」
お笑いコンビ「バイきんぐ」 西村瑞樹さん
── スタッキングってなんですか?

スタッキングは鍋などのキャンプ道具をコンパクトに重ねることです。しかも、いろんなメーカーの鍋や100均で買ってきたザルなどを、ちゃんとサイズを測って、ピッタリ重なるように収納します。これがメチャメチャ気持ち良いんです。

僕は鍋2つ、食器がわりにも使える小さい鍋3つ、平皿2枚、醤油皿、おろし器、ザル、ボウル、計11個もの道具を1つにまとめてしまいます。それを巾着袋に入れてしまえば持ち運びがとても楽ですよ。

── 西村さんはキャンプでどんな所に行くんですか?

クルマで山の細い林道を通って、誰もいないところでキャンプしたりしてますね。その方がより自然を感じられますから。山の上の方に行くと空気も変わります。標高1000mくらいあると「うわ〜、山奥に来ちゃった」という感じがすごくします。

季節的には冬が好きです。一般的にはキャンプと言えば夏ですが、僕は10月から3月までがハイシーズン。人がいないのが良いですね。埼玉県の秩父あたりに行くと、誰も踏んでいない落ち葉の絨毯がフカフカです。ただ、そこに行くには膝上くらいまで水に浸かりながら川を渡るのですが。もちろん増水して危ない時は無理なので、晴れた日に行ってます。そこまでして行くからこそプレミア感があるというか(笑)。

── そこまで山奥だとクマやイノシシに出くわす危険はありませんか?

一応、秘密兵器も持ってます。それは「ウルフ・ピー(オオカミのおしっこ)」です。オオカミは群れで行動するので、動物界の食物連鎖でトップに君臨していて、その強さはクマも恐れるほど。そのおしっこを小瓶に入れてテントスペースの四隅に置けば、クマも入ってきません。どうやって採取しているのかは分かりませんが、匂いを嗅いだら「あ、これは本物だ」と思いますよ。ネット通販で購入できます。

僕はキャンプ歴3年半くらい。キャンプの師匠のヒロシさんは10年以上やっているので、そのヒロシさんについていく形で、ここまでハードなキャンプをするようになりました。今は休みになればキャンプに行きますし、休みじゃなくても、夜中のスタジオ収録でスベって心に深い傷を負った時は、クルマにキャンプ道具が積んであるのでそのまま山に行きます。そうすれば焚き火がスベった思い出もすべて燃え尽くしてくれるんです。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・FM AICHI・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山・HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄