ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

帽子

2018.12.01

第295話 帽子

ゲストコメント
スタイリスト、ファッションディレクター 石川ともみさん「互いに引き立つ帽子と顔の形と髪型」
ポッドキャストを聴く
スタイリスト、ファッションディレクター 石川ともみさん
── 帽子の選び方にコツはありますか?

皆さんそれぞれ顔の形が違うので、自分の顔の形をバランス良く見せてくれる帽子を選ぶのが一番のポイントです。

ちょっと角を感じるベース型の顔立ちの人の場合、小さくキュッとまとまるニット帽をかぶると顔が大きく見えてしまいます。そこでツバの広いハットをかぶると、顔が小さく見えてバランスが良くなるでしょう。ツバが広い帽子と聞くとストローハット(麦わら帽子)を思い浮かべるかもしれませんが、冬ならフェルト素材の中折れ帽がおすすめです。

丸顔の人も顔が大きく見えやすいという点ではベース型と同じですが、顔の縦と横の長さが近いバランスなので、上に高さを出せるような帽子が似合います。ベレー帽を高さが出るようなかぶり方をしても良いですね。ベレー帽は斜めにちょっとずらして上をちょっと引っ張ると、斜めのラインができて丸顔の人もすっきり見えます。

逆三角形のシュッとした顔だと何でも似合いそうなイメージがあると思いますが、実はツバが広い帽子をかぶると顔の印象が負けてしまい、貧相な印象になってしまいます。だから小さくまとまったニット帽をかぶると、顔の良さが引き立つでしょう。

── 髪型と帽子の関係はどう考えたら良いですか?

髪型を選ぶ帽子と選ばない帽子があります。ツバが広かったり、ファーがついていたり、帽子の印象が強い場合、ロングヘアを下ろしてかぶると頭まわりがゴチャゴチャした感じになってしまったり。そういう場合は髪をまとめて帽子をかぶるとバランスが良くなります。髪を結ぶのが難しいと思ったら、いったん帽子をかぶって場所を確認するのがコツ。パーマをかけている人も髪型の印象が強いので同じですね。

髪が短い人は、頭を完全に覆ってしまうようなニット帽やベレー帽をかぶると、顔しか見えなくなってしまいます。そこで前髪を少しだけ出したり、あまり深くかぶらずに後ろに引っ張って前髪が出るようにかぶるとバランスが取れます。

……などと言われても、自分の顔がどんな形に当てはまるのかは意外と分からないもの。そういう時は、誰かに携帯で顔の写真を撮ってもらいましょう。自撮りだとレンズの関係で誰でも丸顔になってしまうので、ちょっと離れたところからに撮ってもらって確認して下さい。お店でも、買うためなら実際に帽子をかぶって写真を撮って較べさせてもらえると思います。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄