ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : スポーツ

スケボー

2019.02.09

第305話 スケボー

ゲストコメント
スケートボード雑誌「SLIDER」ライター 梶谷雅文さん「東京五輪では金メダルも夢じゃない!」
ポッドキャストを聴く
スケートボード雑誌「SLIDER」ライター 梶谷雅文さん
── 2020年に向けて注目の選手を教えて下さい

男子は断然、堀米雄斗選手です。まだ20歳になったばかりですが、世界最高峰の「ストリートリーグ」で3連勝して話題になりました。それ以外にも世界的な大会で優勝しまくって、ちょっと前まで日本のスケートボードシーンはアメリカから10〜20年は遅れていると言われていましたが、堀米選手が彗星のごとく現れたことで急に追いついて追い越したような感じになっています。

堀米選手がすごいのはそのテクニックと完成度。技もすごいし、優雅だし、ストリートだけじゃなくてバーチカル(ハーフパイプ)もこなします。100年に1人のオールラウンド選手かもしれません。本人はすごく謙虚で、記者会見で喋るカタコトの英語が「かわいい」と好評なんですが、いざ本番になるとハートが強いのも特長です。

── 堀米選手はどんな経歴なんですか?

「子供の頃から見てきた憧れの選手と同じ舞台で戦って優勝する夢が叶った」と言っていますから、国内では子供の頃から大会に出場していたのでしょう。世界の舞台で活躍し始めたのは2015年くらいから。そして2017年からストリートリーグで活躍して世界的に有名になり、現在は世界のトッププロと一緒にアメリカのツアーなどを回っています。

堀米選手はまだまだ進化が期待できます。人とは違うユニークな技をしますし、ボードコントロールが凄まじいので派手な技から繊細な技まで何でもできますから。普通とは逆の「スイッチスタンス」は、例えて言うなら右利きの人が左手で箸を持つようなものなのですが、それで大技を決めてしまう天才です。

── 他に注目の選手はいますか?

女子では西村碧莉選手。彼女も1月に行われたストリートリーグの最終戦で優勝して注目を集めました。その時は、地元ブラジルで女王と呼ばれる世界No.1のレティシア・ブフォーニを、わずか0.1ポイント差で抑えての優勝。しかも最後の最後に「ここで決めたら優勝か?」という大技に挑戦して成功するというドラマチックな展開でした。

西村選手はハンドレール(手すり)を果敢に攻めるのを得意にしています。女子選手にそれが珍しいのは、とても怖いから。レールで足を踏み外すと股に刺さったりするのですが、僕も若い頃にそれで悶絶したことがあります。でもスケートボードは失敗してなんぼ。何度も失敗して地面に叩きつけられても再びトライするような、挫けない心が大事です。

男子も女子も金メダルが夢ではありません。ぜひご期待下さい。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄