ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : カルチャー

海辺の暮らし

2019.06.01

第321話 海辺の暮らし

ゲストコメント
波乗不動産 佐々木真さん「海辺の住宅物件、ご紹介します!」
波乗不動産 佐々木真さん
── 波乗(なみのり)不動産ってユニークな名前ですね!

ウチはサーファー向けに海辺の住宅物件を扱っている不動産屋で、私も従業員もみんなサーファーなんです。一緒に家を建築してくれている大工さんもサーファーですね。それで海まで歩いて行けるようなサーフィンをするための家を扱っています。

中には海の目の前に建っている家もあります。そうじゃなくても海まで歩いて数分という物件ばかりですね。エリアとしては千葉県の一宮町を中心に、近くのいすみ市や御宿町など、太平洋沿岸部にあるビーチタウンの物件を扱っています。

── サーファー向けの物件って何か特徴があるんですか?

床がコンクリートになっている土間のようなスペースがあったり、サーフボードをしまえるようなラックが部屋の中にあったり、そういう仕様がサーファーにとっては重要です。お風呂場が玄関のすぐ横についていたりするのも嬉しいですね。

家賃に関しては、ワンルーム、もちろん都会のようなコンパクトな部屋ではなく、かなりゆったりめのワンルームで月4〜5万円くらいです。最近はアパートやマンションもサーファー向けの造りになっていることが多くなりました。ウッドデッキでBBQなんかもできたり、本当に楽しいですよ。

── 実際に移住してくる方は増えているんでしょうか?

すごく増えています。たとえば保育園などは、もともと地元にいらっしゃった方の子供よりも、移住者の子供たちの方が数が多くなっているくらいです。移住してくる方はサーフィンが好きな人ばかり。逆にそれしか移住する理由はないでしょう(笑)。

一宮町は波のクオリティがとても良くて、1年を通してコンスタントにサーフィンができるのが一番の魅力です。波が1週間まったくない、ということはほとんどないでしょう。東京五輪のサーフィン競技が行われることもあって、宿泊施設や飲食店も増えつつあります。行政も道路や駐車場、それからビーチのシャワーやトイレの整備も進めています。

海辺で暮らす時に注意したいのは塩害です。潮風のせいで自転車が1年で錆びたり、洗濯物が乾きにくかったりします。だからガレージが必須で、クルマや自転車、BBQセットなどをガレージにしまっておけば、だいぶ潮風の影響を防げます。家の造りとしては、東側に窓があるなら反対側にも窓を取るようにしています。そうしないと東の海から風が吹くので、湿気がこもってしまうんです。海辺で暮らすにはそんな工夫も必要です。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄