ピートのふしぎなガレージ

  • facebook
  • twitter
  • google+
エヌ博士

On Air オンエア

カテゴリー : アウトドア , カルチャー

虫除け

2019.07.27

第329話 虫除け

ゲストコメント
アース製薬 中辻雄司さん「虫除けスプレーを使っても刺される原因は…」
アース製薬 中辻雄司さん
── 虫除けスプレーはどう使えばいいんでしょう?

12才未満のお子さまは使用制限を設けていますが、大人の方でしたら「蚊に刺されそう」と思った時に塗り直していただいて構いません。皆さん、出かける時に玄関でスプレーして終わりという方が多いのですが、虫除けスプレーは水や汗で流れ落ちやすいので、しっかり塗り直すことが重要です。目安としては3〜4時間おきくらいに塗り直しましょう。

虫除けスプレーを使ったのに刺されたという方は、塗りムラのせいでスプレーのかかっていない場所があるのが一番の原因です。実際にスプレーをシュッシュッと数回ほど腕に吹きかけると、スプレーで濡れた場所と濡れていない場所ができるのは分かると思います。腕全体がしっかり濡れるくらいスプレーして下さい。首回りも肌が柔らかくて刺されやすいので、手のひらにスプレーして、首の周りにしっかりと塗りましょう。

── 刺されてもあまり痒くならない時と、いつまでも腫れている時の違いは?

簡単に言えばアレルギー反応だけの問題です。蚊は血を吸う時に、人間に気付かれないよう唾液を皮膚の内側に入れます。その唾液で起こるアレルギー反応が虫刺されの腫れと痒みです。ですから体質によって程度が違って、すごく腫れる人もいれば、そこまででもない人がいます。蚊の種類は関係ありません。

その日の体調によっても腫れ具合は変わります。もっと言えば、実は毎年、夏になって最初に刺された時と、2度目に刺された時では、蚊の唾液に対するアレルギー反応が変わってきます。それで1度目はそんなに腫れなくても、2度目は大きく腫れたりするんです。

── 最近、夏の前の5〜6月から刺されるのですが……

蚊は皆さんが思われるよりも低い気温でも発生します。15℃くらいから発生するので、5〜6月に刺されても不思議ではありません。10〜11月の運動会の季節でも刺されることはあります。最近は温暖化で気温の高い日が増えているので、秋でもしっかりと気をつけて下さい。

もし部屋に蚊が入ってしまった時は、弊社の「おすだけノーマット」のようなワンプッシュ系の製品がおすすめです。だいたいどこの製品も6〜8畳用で、本当にワンプッシュするだけで12時間くらい効果があります。それから定番の「アースノーマット」でしたら、虫の駆除効果に加えて香りを楽しめるような製品も開発しているので、ぜひお試し下さい。
  • mixiでシェアする

JFN37局ネット

FM愛媛、FM長崎は18時~、FM青森は19時~放送

AIR-G'(FM北海道)・FM青森・FM岩手・Date fm(FM仙台)・FM秋田・FM山形・ふくしまFM・TOKYO FM・FM栃木
FM-NIIGATA・FM長野・K-mix・FMとやま・FM石川・FM福井・@FM(FM AICHI)・FM GIFU・FM三重・FM滋賀
FM OSAKA・Kiss FM KOBE・FM山陰・FM岡山HIROSHIMA FM・FM山口・FM香川・FM愛媛・FM徳島 FM高知
FM FUKUOKA・FM佐賀FM長崎・FM熊本 FM大分・FM宮崎・FM鹿児島・FM沖縄